自動車保険の補償の内容と種類・基本的な仕組みを徹底解説!

車を運転する人にとって自動車保険に加入する必要があるのは分かると思うのですが、「どのような時にどんな補償が役に立つのか」詳しく理解できていますか?特に気にすることなく、「自動車保険に入ってるから大丈夫」だと思っていると、思いもよらない事故に巻き込まれて、その時に初めて保険の大事さ、補償の重要性について理解できるのかもしれません。

このページでは、自動車保険がどのような時に補償してもらえるのか解説していきます。自動車保険の基本的な仕組みを理解しておくだけで、自分にとって必要な補償内容が見えてくるはずです。

買いたい人必見! 市場に出ない【超お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

乗り換えの人必見!車を下取りより50万円以上高く売る!愛車の価格を調べる

自動車保険の種類と内容

対人賠償保険

車を運転する時に最も注意を払うべきなのが事故を起こし、誰かをケガや死亡させてしまう事です。どんなに注意を払っていたとしても、だれしもが起こりうる可能性があり、加害者にも被害者にもなりかねない事故です。

そういった時のために強制加入の自賠責保険には加入していると思うのですが、自賠責の補償上限は3,000万円になっており、その価値は、人の命を奪ってしまった場合には、到底及びません。

その足りない部分を補うために対人賠償保険は有効に働き加入しておくことで相手に与えた損害をしっかりと補償することができます。対人賠償という名称からわかるように、相手のみが補償され、生命保険ではないので自分自身には補償されません。

対物賠償保険

こちらはの補償対象は物になります。事故によりぶつけてしまった相手の車や、自動車以外の家の外壁や店舗などのあらゆる物に対して対物保険は有効に働きます。補償上限を設定することも可能ですが対人賠償保険同様、どれくらいの被害額になってしまうのか予想が尽きずらいので、保障額は無期限にしておく方が安心だと考えられます。こちらも、人の持ち物に限定されるので、自宅など自分の持ち物に対しては補償対象外なので注意が必要です。

搭乗者傷害保険

こちらは車に乗っている人に対して補償される内容になぅています。対人賠償保険では補償しきれない、車を運転している人や搭乗者が事故などでケガをした場合にしっかり補償してもらえるので安心です。後部座席などはシートベルトを忘れがちになるのですが事故をした際にはとても危険で、大きなけがをしてしまう可能性があります。しかし、シートベルトをしていない場合には、こちらに過失があると判断され保険金が支払われない可能性もあるので、車を乗る際には、シートベルトをしっかり確認して安全に運転していきましょう。

人身傷害補償保険

こちらは搭乗者傷害保険と似ているのですが、過失割合にかかわらず補償されるという特徴があります。ケガの場合には搭乗者傷害保険は低額で決まっているのに対し、人身傷害補償保険は実際にかかった費用分の補償となるため、合理的ではありますが、どちらが多く保険金をもらえるのかはケガの度合いにより異なります。

死亡した場合には人身傷害補償保険の方が補償額が多いことがほとんどのようです。両方の保険に加入する人もいればどちらかひとつに加入する人もいるようなので、保険料金などを比較して検討してみてください。

自損事故保険

こちらは相手のいない事故に対して補償される保険でガードレールや電柱などに自分でぶつけて自分の車が壊れたり、自分自身がけがをした時などに有効に働きます。補償額は定額で死亡時、1,500万円、ケガによる入院1日6,000円などとなっています。こちらも人身傷害補償保険と似ているため、どちらかを選択する人も増えていますね。医療保険や生命保険にすでに加入しているのであればそちらも含めて必要かどうか検討しましょう。

無保険車傷害保険

自分が自動車事故の被害者になった時に役に立つ保険で、事故相手が任意保険に加入していなかった場合に十分に補償が受けられない可能性があります。また、ひき逃げや当て逃げなどの犯罪の被害に巻き込まれる可能性もあり、加害者が分からない場合にも有効に働きます。

車両保険

こちらは、自分の車に対しての保険で、交通事故、車の盗難、いたずらによる車体にキズができた時などに補償されます。

保険料は自動車の価値や補償の範囲によって異なりますが、車両保険を付けることで、保険料は高くなりますが免責金額「損害額が一定額以下の場合は補償されない」を設定することで保険料を抑えることができるようになっています。

まとめ

自動車保険の基本的な補償内容は、上記の7つとなっており、その他、特約などで保険内容を手厚くすることも可能です。

自動車保険商品によってサービスが異なるので、保険料を見比べながら自分に見合った保険を探してみて下さい。

あなたにとって一番良い車の保険が見つかる!

私が自動車の保険に入る時、一括見積りサイトを利用したところ、同じ保障内容なの、 保険料が86,400円⇒62,640円23,760円も安くなりました。

保険の窓口インズウェブでは、最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。

申込は5分、無料で利用できるので保険を比較するのに最適です

一番安い保険が見るかる↓自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

▼中古車を安く買いたいなら▼
もしあなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車を本当に高く売れる方法を考えてください。そして、高くクルマを売った資金で安く買える中古車を選ぶ方法が一番お得です。
車を売る時は車買取専門店の一括査定を利用してください。複数の業者と比較することで、あなたの愛車の価値が最大限に引き出せます。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」
私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定業者と一番高い査定業者との買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

かんたん査定ガイド無料申し込み前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
かんたん査定ガイド 口コミ 評判 愛車を高く売る利用方法!

複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、かんたん査定ガイドが最も高く売れます。
愛車を高く売る無料申し込みコチラ

一番お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく安く買える中古車を探してもらうのがおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい安い中古車は見つかります。ネットや販売店にすでに情報が出ている車はお得ではありません。まだ公開されていない非公開の中古車を選ぶ方法が一番お得です。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!
 

中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、中古車お探しサービスなびくる+を利用することで一部見ることが可能になりました!
無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ利用してください!

なびくる+無料登録の前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
なびくる+口コミと評判を調査!お得なクルマは見つかる?

お得に中古車を購入するなら非公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としてはなびくるプラスの非公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
お得な非公開車両なびくる+無料登録▼

効率よく車を高く売りたいなら「ユーカーパック」のUcar査定

ユーカーパックはネットならではな効率のいい愛車の売却方法です。
あなたの愛車の概算価格が30秒で直ぐわかるUcar査定、ユーカーパックは営業の電話も一切なく、自動車の査定は
提携しているお近くのガソリンスタンドか自宅で一回受けるだけ最大2000社の業者から車買取一括査定が受けられるサービスです。

買取業者が一斉にオークション形式で値段を付けていき、一番高い業者に販売するシンプルで効率的な仕組みです。

ユーカーパックが仲介に入ってくれるため、車買取業者と電話での価格交渉等もないため、公平に愛車の価値を査定してもらえます。通常のcarオークションでは出品する販売者側が販売手数料を支払う必要があるのに対し、ユーカーパックでは購入業者がユーカーパックに対して仲介手数料を支払う仕組みなので、販売者のあなたは完全無料で利用できます。

ユーカーパック無料申し込み前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
ユーカーパックUcar査定で高く車が売れる仕組みと注意点!
Ucar査定は通常の一括査定とは違い査定は一回のみ、複数の業者とメールや電話でやり取りをする必要がなく、全国の車買取業者が査定情報を元に入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいため、複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にもユーカーパックはおすすめです
▼効率よく車を最高額で売るならUcr査定

関連記事

自賠責保険はどこで加入できる?必要な書類と保険料!

自動車保険の保険料どう決まる?変わる要素はこれ!

ページ上部へ戻る