自動車保険 おすすめ5選!自動車保険の選び方ガイド

車を運転するなら自動車保険に加入していたほうが安心ですよね。最近では自動車保険の自由度、補償内容も充実している、ダイレクト型自動車保険も人気です。自分で保障内容を比較して安い保険会社を選ぶ方法が保険選びには最適だと思いますが、中にはサービスや特徴を理解せずに保険料だけを比較して選んでいる方も多いようです。

このサイトでは自動車保険選びの方法、特約は必要なのかについて解説しています。自動車保険 おすすめはどこなのか?参考にしてください。

買いたい人必見! 市場に出ない【超お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

乗り換えの人必見!車を下取りより50万円以上高く売る!愛車の価格を調べる

自動車保険は必要なの?

自動車を購入すると強制保険の自賠責保険には加入しています。この保険は万が一事故を起こして相手に被害を与えてしまったときに使用される保険です。

自賠責保険は万能ではなく相手の体に対しては保険が支払われますが、それ以外の車両や自分の体に対しては保障されないため、もしもの時は自己負担になる可能性が高くなります。

そうした、足りない保障を埋め合わせるために任意保険の自動車保険は役に立ちます。事故はいつ起こるか分からない、自分は大丈夫と思っていたら思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。自動車保険は加入しておくということは自分の身を守るということなので必ず加入しておくことをおすすめします。

自動車保険の選び方ガイド

自動車保険は自分だけでなく家族も安心して車に乗るための保険です。保険料が安いからという理由だけで自動車保険を選択するのは、ちょっと危うい、、、

自分や家族に必要な保障はなんなのか?理解して最適な保険を選択しましょう。

対人対物は無制限が安心

自賠責保険の補償額は対人、最高3,000万円となっており、対物に関しては補償の対象外です。そのため、自動車保険の加入が必要なのですが、対人対物の上限を1億円などしてしまうと、もしもの時には補えない可能性もあります。過去の裁判を見ても1億円以上の賠償金を請求されるケースもあるため、対人対物はかならず無制限に設定しておくことをおすすめします。

人身保険、搭乗者傷害特約、人身傷害保険はどうする?

人身保険は相手の保険会社から支払われることを待たずに支払われる同乗者の身体の保障のための保険です。こちらの保険は金額が設定できる保険会社もあるため、2000万円~3000万円程でで十分まかなえるはずなので、設定しておくと保険料のコストを抑えられます。

搭乗者傷害特約は人身保険を更に充実させた保険なのですが生命保険や医療保険に加入しているのであれば同じ補償内容の可能性もあるため確認して必要に応じて加入しましょう。

人身傷害保険は加入している車両以外の車やバス、歩行時、自転車に乗っている時に適用される保険もあるので保障範囲を充実させたいときには検討してみてください。

車両保険はどうする?

自動車保険料を大きく左右する車両保険は事故や災害などで車両を修理するために支払われる保障ですが、元の車両価格が高く修理費用が高い車ほど保険料も高くなります。

新車や車をぶつけてしまうかもしれない運転初心者は車両保険を付けておいた方が安心ですが、中古車で安く購入した車であれば、車両保険を付ける必要はあまりないかもしれません。

保険会社によってはさまざまな設定できる保険もあるため、保障と保険料のバランスを見ながら設定できる保険会社をおすすめします。

自動車保険 おすすめ5選

・ソニー損保:走行距離に応じて保険料が安くなる

・チューリッヒ保険:安心のロードサービス

・おとなの自動車保険:40歳以上は保険料が安い

・SBI損保:保険料が安い、20代はコスパに優れている

・イーデザイン損保:無事故割引、事故対応も評判

自動車保険を選ぶときには

・ロードサービスの充実度:車が故障した際にも利用できる

・事故対応能力:各保険会社の特徴が違う

・弁護士費用特約:示談交渉などに備えておくと安心

・対物超過費用特約:対物保障が無制限でも補えない場合も、そんな時に安心

自動車保険 おすすめ5選の保険会社ではこれらの保障を付けることも可能です。

自分にとってどの保障が必要なのかを考えて比較してみてください。

年齢や車種、補償内容によって保険料は大きく変わるため一社だけに見積もりを依頼するよりも複数の保険会社から見積もりをとって比較したほうが一番安い自動車保険が見つけやすいのでおすすめです。その時には、一度の入力で複数の自動車保険の見積もりを調べられる無料の一括見積もりサービスを利用してみてください。
自動車保険一括見積もり

一番安い自動車保険:あなたにとって一番良い車の保険が見つかる!

私が自動車の保険に入る時、一括見積りサイトを利用したところ、同じ保障内容なの、 保険料が86,400円⇒62,640円23,760円も安くなりました。

保険の窓口インズウェブでは、最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。

申込は5分、無料で利用できるので保険を比較するのに最適です

一番安い保険が見るかる↓自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

中古車を安く買いたいなら
もしあなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車を本当に高く売れる方法を考えてください。そして、高くクルマを売った資金で安く買える中古車を選ぶ方法が一番お得です。
車を売る時は車買取専門店の一括査定を利用してください。複数の業者と比較することで、あなたの愛車の価値が最大限に引き出せます。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」
私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定業者と一番高い査定業者との買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

かんたん査定ガイド無料申し込み前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
かんたん査定ガイド 口コミ 評判 愛車を高く売る利用方法!

複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、かんたん査定ガイドが最も高く売れます。
愛車を高く売る無料申し込みコチラ

一番お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく安く買える中古車を探してもらうのがおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい安い中古車は見つかります。ネットや販売店にすでに情報が出ている車はお得ではありません。まだ公開されていない非公開の中古車を選ぶ方法が一番お得です。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!
 

中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、中古車お探しサービスズバット中古車探しを利用することで一部見ることが可能になりました!
無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ利用してください!

ズバット中古車探し!無料登録の前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
ズバット中古車探し!口コミと評判を調査!お得なクルマは見つかる?

お得に中古車を購入するなら非公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としてはズバット中古車探し!の非公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
▼お得な非公開車両ズバット中古車探し!+無料登録▼

効率よく車を高く売りたいなら「ユーカーパック」のUcar査定

ユーカーパックはネットならではな効率のいい愛車の売却方法です。
あなたの愛車の概算価格が30秒で直ぐわかるUcar査定、ユーカーパックは営業の電話も一切なく、自動車の査定は
提携しているお近くのガソリンスタンドか自宅で一回受けるだけ最大2000社の業者から車買取一括査定が受けられるサービスです。

買取業者が一斉にオークション形式で値段を付けていき、一番高い業者に販売するシンプルで効率的な仕組みです。

ユーカーパックが仲介に入ってくれるため、車買取業者と電話での価格交渉等もないため、公平に愛車の価値を査定してもらえます。通常のcarオークションでは出品する販売者側が販売手数料を支払う必要があるのに対し、ユーカーパックでは購入業者がユーカーパックに対して仲介手数料を支払う仕組みなので、販売者のあなたは完全無料で利用できます。

ユーカーパック無料申し込み前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
ユーカーパックUcar査定で高く車が売れる仕組みと注意点!
Ucar査定は通常の一括査定とは違い査定は一回のみ、複数の業者とメールや電話でやり取りをする必要がなく、全国の車買取業者が査定情報を元に入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいため、複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にもユーカーパックはおすすめです
▼効率よく車を最高額で売るならUcr査定

関連記事

金融 車 販売価格は安いけど買取額も安くなる!?メリット・デメリットを解説

ページ上部へ戻る