車の下取り

車の下取りとは、新車や中古車で車を買い換える際に、今乗っている車をそのお店に売ることを言います。

車を買っても、車だけを別の買取専門店に売る事も可能で、買取といわれています。

下取りと買取は、車を売る事として内容は同じようですが、実際の内容は変わってきます。

買いたい人必見! 市場に出ない【超お得】な中古車!非公開車両を見る

乗り換えの人必見!車を下取りより50万円以上高く売る!

愛車の価格を調べる

車を売る2つの方法「車下取り」と「車買取」

◆車下取り
新しく車を買おうと思っている人のためのもので、ディーラーにあなたが今乗っている車を下取りしてもらい、実際に、売却したお金を受け取るのではなく、そのまま新しい車の購入費用にあてる事になります。
◆車買取
買取会社に車の査定を依頼して、買取価格を出してもらい、その値段で車を売却するというものです。

 

下取りと買取りの違い

下取りに出すメリット・デメリット

下取りの流れと必要書類

事故車の下取と買取専門店の査定価格

下取りに出す前に買取専門店で査定する

下取価格と新車値引き額のカラクリ!

 

車を高く売るのであれば、車買取の方が選択肢が広がる

以前は、車を買い替える時にディーラや中古車販売店に下取りに出すのが主流でしたが、最近では、買取専門店に売る人が増えてきています。

実際に査定をしてもらわないとどちらが高く買ってもらえるのかは分かりませんが、

車下取りの場合は、次に買う自動車が決まっている必要があり、新しい車の購入とセットになります。

そのため、下取りする車の値引き額と総合して判断する必要があり、下取り価格が高い場合にも、新しい車の購入価格が高いままでは、得をしているとは言えません。

下取りしてくれる業者は、利益を出すためにその車をまた売る必要があり得意な車種であれば高く下取りしてくれるのですが、そうでない場合には、相場よりも低くなる可能性もあります。

一方、買取を依頼する場合は、自動車の売却だけで取引が終了します。

中古車買取店のガリバーやアップルなど、複数の買取店で査定をしてもらえ、売る業者を選ぶことができます。

買取相場が決まっているので、ネットから見積もりを依頼することができ、すぐに、あなたの車の大体の買取価格を把握することが可能で、車下取りをしてもらう時と比べると高額に買取ってくれる業者が多い印象です。

最近では、パソコンやスマホから簡単に車の情報を入力するだけで、一括で複数の買取専門店に見積もりを依頼できる、便利な一括査定サイトがあります。

買取店を何社も回る必要がなく、効率的に、あなたの愛車を高く買取ってくれるお店を探すことが出来ます。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

クルマを自由に着替えようローン不要!好きな車にノレル
月額19,800円~豊富なラインナップから車を選び放題!
・最短90日で乗り換え可能!
・対人・対物・人身傷害保険込み!
・自動車税、重量税の支払い不要
・車検も必要なし
・ローン不要
必要なのは駐車場とガソリンだけ、憧れの高級車から便利なミニバンまで900車種の中から、今までになかった便利な新しいサービスであなたのライフスタイルに合った一台がきっと見つかる!

NOREL (ノレル)

ページ上部へ戻る