アクア プリウス 違い、中古車買うならどっちがお得?

トヨタ自動車のアクアとプリウスどちらも今最も人気がある車種で、燃費性能も優秀なのです。最近では中古車も多く出回るようになってきているのでどちらも手ごろな値段で購入できるようになってきています。プリウスとアクアどちらを購入しようか迷っている方のために、中古車を購入するときアクアとプリウスどちらがいいのかを考えていきたいと思います。

アクア vs プリウスの違い、中古車を選ぶ5つのポイント

アクア プリウス 違い:1燃費と年間のガソリン代の違い

トヨタハイブリットシステムを組み込んだアクアとプリウスはどちらも他メーカーの燃費に比べても他を圧倒する性能なのですが、エンジン排気量はアクアが1.5リッターのコンパクトカーで5ナンバー車、プリウスが1.8リッターでモーターのパワーもある3ナンバー車で車両重量も重くなります。

そのため、燃費を比べるとアクア Sが「35.4km/L」、プリウス Sは「30.4km/L」とアクアの方が優秀です。年間の走行距離を1万kmと考えるとガソリン代の差が年間1万円程度となります。だとしても、どちらの車種も年間のガソリン代が安すぎるので、違う車から乗り換えるとかなりの節約になることは変わりはなさそうです。

アクア プリウス 違い:2乗り心地と室内空間

プリウスとアクアのボディーサイズはプリウスの方が高さ44mm高く、広さ50mm、長さ485mm長いため、乗り心地としても、足元が広いプリウスは快適に感じられます。荷室奥行もプリウスが広いので荷物が多く乗せられます。デザイン性、内装の質感は好みにもよるが、プリウスの方を好む人が多い印象です。乗り心地などトータル的に見て居住性はプリウスの方が優れていると感じられます。

アクア プリウス 違い:3走行性能の違い

排気量はアクアが1.5リッターエンジン最高出力100馬力、プリウスは1.8リッターエンジン最高出力136馬力、とプリウスの方が優れているのですが、車両重量が、プリウスは1,350kgで、アクアは1,080kgとアクアの方が300kg近く軽く、低重心のボディーなので走行性がプリウスよりも劣っているということはなく、コンパクトカーならではの、安定した走行が可能になっています。プリウスも走行性は安定しているが、車両が重いため、走行性能はアクアの方が優れているよう

アクア プリウス 違い:4運転のしやすさ小回りの違い

狭い道や駐車のしやすさはコンパクトカーであるアクアの方が小回りが利くので有利です。プリウスは、3ナンバー車で後方のボディーデザインによって視界が悪く駐車をスムーズにするのは少し気を使ってしまいます。バックモニターなどがあるので、それほど気にならないかもしれませんが、町永の細い道を走行するときもやはりアクアの方が動き回りやすいですね。

アクア プリウス 違い:5プリウスとアクアのグレード、装備、オプションの違い

プリウスは標準装備が優れている、サイド&カーテンエアバックやスマートエントリー(キーを持っているだけでドアの施錠解錠し、盗難防止機能付き)、アルミホイール、スペアタイヤなどが標準装備なのに対して、アクアのSグレードでは全てオプションとなっています。そのため、グレード、装備、オプションなどを考慮するとアクアの方が安いとはいえず、むしろプリウスの方がお買得だといえまね。

アクア とプリウスの中古車を買う時の注意点

どちらもエコカーとして優れているのですが、アクアの方がコンパクトカーなので乗りやすさを重視する方にはオススメで、プリウス意外と大きいので乗り心地やデザイン性で選ぶ方に好まれていますね。ここから先、どちらを購入するのかは好みで別れてしまうと思うのですが、最後にハイブリット車であるアクアとプリウスの中古車を購入する時の注意点としてバッテリーには注意しておきましょう。トヨタハイブリットカーは普通車よりもひとつ多くバッテリーが搭載されています。普通の車と同じ補機バッテリーとハイブリッド車用、駆動用バッテリーです。最大の特徴でもある低燃費を実現するために使用されている駆動用バッテリーが重要になってきます。

つまり、アクアとプリウスの中古車を購入する際には、駆動用バッテリーが上手く起動しているのか、寿命はどれ位で、交換費用がどれくらいかかるのか?を注意する必要があります。中古車になると走行距離が多くなってきます。アクアとプリウスは、その性能性の高さから通常の車に比べても長く走行できるといわれており、10万kmを超えてもその価値を失いません。

しかし、駆動用バッテリーにはは、寿命があり、交換の目安としては、200,000kmとされています。また、交換の費用としては、17万円程度かかるので、高額です。中古車を購入する際は、走行距離の多い車であれば、車両価格は安くなるのですが、そういった点を含めて、中古車のアクアとプリウスを選んだほうがよさそうですね。

お買い得な新古車、中古車はネットや店頭に並ぶ前に売れてしまいます。

ネットに掲載されない非公開車両の中からアクアとプリウス中古車情報を調べるならこちらなびくる+

▼中古車を安く買いたいなら▼
もしあなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車を本当に高く売れる方法を考えてください。そして、高くクルマを売った資金で安く買える中古車を選ぶ方法が一番お得です。
車を売る時は車買取専門店の一括査定を利用してください。複数の業者と比較することで、あなたの愛車の価値が最大限に引き出せます。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」
私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定業者と一番高い査定業者との買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

かんたん査定ガイド無料申し込み前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
かんたん査定ガイド 口コミ 評判 愛車を高く売る利用方法!

複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、かんたん査定ガイドが最も高く売れます。
愛車を高く売る無料申し込みコチラ

一番お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく安く買える中古車を探してもらうのがおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい安い中古車は見つかります。ネットや販売店にすでに情報が出ている車はお得ではありません。まだ公開されていない非公開の中古車を選ぶ方法が一番お得です。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!
 

中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、中古車お探しサービスなびくる+を利用することで一部見ることが可能になりました!
無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ利用してください!

なびくる+無料登録の前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
なびくる+口コミと評判を調査!お得なクルマは見つかる?

お得に中古車を購入するなら非公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としてはなびくるプラスの非公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
お得な非公開車両なびくる+無料登録▼

効率よく車を高く売りたいなら「ユーカーパック」のUcar査定

ユーカーパックはネットならではな効率のいい愛車の売却方法です。
あなたの愛車の概算価格が30秒で直ぐわかるUcar査定、ユーカーパックは営業の電話も一切なく、自動車の査定は
提携しているお近くのガソリンスタンドか自宅で一回受けるだけ最大2000社の業者から車買取一括査定が受けられるサービスです。

買取業者が一斉にオークション形式で値段を付けていき、一番高い業者に販売するシンプルで効率的な仕組みです。

ユーカーパックが仲介に入ってくれるため、車買取業者と電話での価格交渉等もないため、公平に愛車の価値を査定してもらえます。通常のcarオークションでは出品する販売者側が販売手数料を支払う必要があるのに対し、ユーカーパックでは購入業者がユーカーパックに対して仲介手数料を支払う仕組みなので、販売者のあなたは完全無料で利用できます。

ユーカーパック無料申し込み前に知っておきたい情報を掲載しているので参考にしてください。
ユーカーパックUcar査定で高く車が売れる仕組みと注意点!
Ucar査定は通常の一括査定とは違い査定は一回のみ、複数の業者とメールや電話でやり取りをする必要がなく、全国の車買取業者が査定情報を元に入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいため、複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にもユーカーパックはおすすめです
▼効率よく車を最高額で売るならUcr査定

関連記事

edesign 損保は安くて安心できる自動車保険?

アクア10系前期と中期と後期の違い、中古車買うならどっちがお得?

ページ上部へ戻る