車を買い替える時に知っておくと役に立つ知識

今回は車を買い替える時の注意点を記述致します。

まず、買い替える時の準備ですが買い替えたいと考えた時にすぐに準備に取り掛かりましょう。特に古い車に乗っている場合もちろん車検に出していればそんな事にはなりませんがいつ壊れてまったく動かないという状況になるかわかりませんし、もしそうなると修理代+買い替え代という事もあり得ます。

自分の中で次に乗りたい車の条件を考えてみましょう
・色(2色ほどに絞っておくと探しやすい)

・価格(いくらまでなら出していいか財布と相談)

・軽自動車か乗用車か

・何人で乗る事が多いのか(家族構成や仕事上の使用方法などの検討)

・中古車サイトで価格の相場の確認(結構、店ごとに差がありますよ)
ここら辺ははっきりさせておきますといざ、選ぶ際にスムーズに決めていけると思います。但し、注意点として中古車は値段の相場が結構速く変わります。10万~20万万程度は半年で上下する事はよくあります。50万程度の中古車だと思って資金を用意して数か月後に確認したら70万になっていたというお話はザラです。なので資金は余裕は持たせておくといいと思います。

後は買い替え時に必要な書類ですね。お店から指示があると思いますが前もって知っておくと準備に手間がかからないと思われます。

● 印鑑証明
● 委任状
● 車庫証明
● 自動車税の納税証明書
● 自賠責保険証明書
● 自動車検査証
● 実印

等です。また最近は余りありませんが車の価格と経費を別々にしている会社もあります。大半の会社は「コミコミ価格」と言って表示されている価格に全部含まれています。
内訳は以下ですね。

● 車両本体価格
● 消費税(8%)
● 自動車税(※排気量に応じて異なる約29,500~60,000円程度)
● 自動車取得税(取引によって変わりますね)
● 自動車重量税(普通車5000円/年、軽自動車3800円/年)
● 自賠責保険料(入る保険によって付きの支払いが異なる)
● 車庫証明(代行)費用(購入店に依頼するとかかる費用約5,000~15,000くらい)
● 納車費用(自分で取りに行けばかからない。約5,000~15,000くらい)
● 検査・登録・届出(代行)費用(ナンバー取得等の代行料15,000~30,000円くらい)
● リサイクル法関連費用(廃車時にかかる費用、約1万円前後)

知っているとお店と交渉する際に費用を抑える事も出来ますから便利ですよ。賢く車を買い替えて快適な生活を送りましょう。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

「ユーカーパック」

ユーカーパックは、ネットから申し込み後、愛車の概算価格が直ぐにわかるので、安心です。通常の一括査定とは違い、複数の業者とメールや電話てやり取りをする必要が無く、ユーカーパックのみと連絡を取り合います。提携しているガソリンスタンドなどで、査定をしてもらい、その情報を元に、全国の買取店が、オンライン上で、買取価格を決めていく画期的なサービスです。入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいです。複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にはオススメできます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

一括査定サイトを利用する事で、車の価値を最大限に引き出し、効果的に自動車を売却できるので、あなたの愛車を、本当に高く売れる買取専門店がきっと見つかります!

関連記事

軽自動車よりもお得?コストパフォーマンスの高いコンパクトカー!

無駄ではなかった車両保険!自動車保険の体験談

ページ上部へ戻る