プリウス 駆動 用 バッテリー 価格、30系プリウス交換費用は高い?

プリウスは低燃費で走行距離10万kmを超えても中古車としてはまだまだ長く乗れるので人気が高く、コストパフォーマンスもかなり高いのですが、プリウスのバッテリーのバッテリー価格は高額で、バッテリー交換し無いといけないと廃車なんて噂も聞こえてきます。特に30系プリウスの駆動用バッテリーの交換費用が高いようなので、もしも、バッテリーが故障してしまった場合には、車を買い替えた方がお得なのか?バッテリーを交換したほうがいいのか?迷うと思います。このサイトでは実際に30系プリウスのバッテリーは高いのか検証してきたいと思います。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

乗り換えの人必見!一括査定で価格比較!愛車の価格を調べる

プリウス30系のバッテリー交換費用と走行距離

プリウスの駆動用バッテリーはどれ位で交換して、費用はどれ位必要になるのか?見ていきましょう。プリウスのバッテリーは30万位するなんて噂を聞いたことがあるのですが、実際にはそれほど高額ではなく17万円~18万円程になります。これでも通常のバッテリーに比べると高額なので、走行距離と比較して乗り換えた方がいいのか、バッテリーを交換したほうがいいのか?選択するようにしましょう。

とはいってもプリウスは燃費がいいので、20万kmを超えても普通に走行することができ、走行距離25万kmを超えてもバッテリーが故障することなく動いているプリウスもあります。10万km以上走行している中古車プリウスを購入してもまだまだ乗れるというのがわかりますね。逆にこれだけの走行距離を走ってくれたなら、十分元はとれていると言っても過言ではなく、バッテリー交換をするよりも、また、新たに中古の30系プリウスを購入したほうが、お得かもしれませんね。

トヨタの保証期間内であれば無料でバッテリー交換してくれるのと、保証がつくしプランに加入していると無料でバッテリーを交換してもらえます。

バッテリー交換費用無料になる保険

プリウスの駆動用バッテリーは、年数と距離で保証が設定されており、新車登録から5年走行距離100,000㎞以内、どちらか、の時期が来るまでは無料でバッテリーを交換してもらえます。

このメーカー保証だけでは物足りないという方には保証が付くしプランがおすすめです。保証の期限が終わるタイミングでこちらの保証が付くしプランの保険に加入していただけると更に2年間はバッテリー交換になっても無料で対応してもらえるので安心ですね、注意点としては、新車購入時、3年車検、5年車検時にのみ加入できるので、不安な方は3万円程度で加入できるので5年目の車検前の車を選択した方がよさそうです。

中古のプリウスを購入した私の選択

私も30系プリウスを中古車で購入しています。購入時には走行距離10万kmを少し超えている位のプリウスを購入したのですが、特に年式を気にせずに購入したので保証が付くしプランには加入していません。年式が古いプリウスは割安なので、かなり低価格で購入することができたので、後10万km走行してくれたらいいかなという思いで購入しています。プリウスの購入は欲しいボディーカラーがホワイトかブラックだったので人気があり、通常通り中古車販売店では思うような販売価格と走行距離、事故歴の有なしなど、思うようなプリウスが見つからなかったため、奥の手で非公開車両に登録して待つ方法を選択しました。結果として希望を伝えていたので、思うような状態のプリウスを手に入れられたので良かったです。費用も無料なので、自分で探しながら、非公開車両が見つかる中古車お探しサービスを利用して効率的にホワイトのプリウス30系を手に入れました。もしもバッテリーが故障したとしても元は取れていると思うほど、満足しています。新型プリウスも発売されていますが、形的には30系プリウスが好みなので、また3年後から5年後に乗り換えする時には今よりも年式の新しい30系プリウスをお得に購入しようと思います。

中古のプリウスを購入する時の注意点は、バッテリー

プリウスには、燃費性能を良くするために、普通の車よりも1つ多くバッテリーが搭載されています。装備されているバッテリは、駆動用バッテリー
(ハイブリッド車用バッテリー)、補機バッテリー、(普通の車と 同じバッテリー)の2種類なのですが、プリウスの最大の特徴でもある低燃費を実現するために使用されている駆動用バッテリーが重要になってきます。

つまり、プリウスの中古車を購入する際には、駆動用バッテリーが上手く起動しているのか、寿命はどれ位で、交換費用がどれくらいかかるのか?を注意する必要があります。中古車になると走行距離が多くなってきます。プリウスは、その性能性の高さから通常の車に比べても長く走行できるといわれており、10万kmを超えてもその価値を失いません。

しかし、駆動用バッテリーにはは、寿命があり、交換の目安としては、200,000kmとされています。また、交換の費用としては、17万円程度かかるので、高額です。中古車を購入する際は、走行距離の多い車であれば、車両価格は安くなるのですが、そういった点を含めて、中古車のプリウスを選んだほうがよさそうですね。
▼中古車を安く買いたいなら▼
もし、あなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車をなるべく希望価格で売れる方法を考えてください。そして、売った資金で安く買える中古車を選ぶ方が損をしないかもしれませんよ。

【車を売るなら無料一括査定がおすすめ】

「ナビクル車査定」
一括査定サービスは低い査定業者と高い査定業者との買取査定額の差を比較することができます。ナビクル車査定は、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。できるだけ車を希望価格で売りたいのであれば、
>>ナビクル車査定はおすすめのサービスです。
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

【中古車を探すならご希望の車をプロに依頼するのがおすすめ】

【ズバット車販売】
お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく、品質のいい中古車をプロに探してもらうのもおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい中古車も見つかります。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!?

中古車はネットや店頭で探していると思いますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、

中古車お探しサービス>>ズバット車販売を利用することで

中古車お探しサービスにリクエストすると、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ、活用してください!

ここでしか探せない非公開の中古車もありますので、毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
▼ズバット車販売!無料登録はこちら▼

【トヨタの月額定額制プランくるまのサブスクはKINTO(キント)】

KINTO(キント)】
車を買うから(月額定額サブスク)の時代に!
頭金0、任意保険料・メンテナンス費・税金もコミコミの月々定額サービス

・任意保険はどこがいいかわからない

・車検や税金でまとまったお金が必要

・点検やオイル交換、メンテナンスも忘れそう

そんな忙しいあなたに トヨタにお任せできて安心のくるまのサブスク
>>【KINTO】キント
がおすすめです。

\無料見積もり、車種選びはコチラから/

関連記事

N-BOX グレード 違い 中古車買うならGとG.Lどっちがお得?

コンパクトカー 軽自動車 維持費 違いを比較、中古車買うならどっちがお得?

ページ上部へ戻る