自動車保険に付帯可能なおすすめ特約はどれ?

自動車保険は主に対人・対物の補償をメインとしているのですが、この補償は、どこの保険会社も似たり寄ったりになるので、自動社保険を選ぶ際にはあまり関係はありません。保険を選ぶポイントとして、保険料やサービス、そして、特約があります。今回は、自動車保険に付帯可能な特約について詳しく解説してきたいと思います。

買いたい人必見! 市場に出ない【超お得】な中古車!非公開車両を見る

乗り換えの人必見!車を下取りより50万円以上高く売る!

愛車の価格を調べる

自動車保険で手厚く補償!付帯可能な特約

まず、自動車保険に付帯することが可能な特約は以下のようになっています。

●弁護士費用等担保特約
●ペット搭乗中担保特約
●身の回り品担保特約、車内手荷物等損害特約
●個人賠償責任特約
●ファミリーバイク特約
●対物臨時費用担保特約
●レンタカー費用特約
●ファミリー傷害特約
●事故付随費用担保特約
●他車運転危険担保特約(他車運転特約)
●オールリスク免責ゼロ特約
●車対車免責ゼロ特約
●形成手術費用担保特約
●対歩行者等事故傷害補償保険特約
●臨時運転者特約
●新車特約
●車両全損特約、車両超過修理費用特約
●等級プロテクト特約
●医療保険金特約
●家族内記名運転者限定特約
●子供運転危険追加担保特約
●人身傷害保険補償特約

自動車保険に付帯すべき特約は?

保険会社によって名称や付帯可能な特約は異なりますが、特約はかなりの数があることが分かると思います。まぁ、全ての特約を付けておくのが一番安心なのでしょうが、全ての特約を付けてしまうととんでもない保険料になってしまいますね。人によっては不要な特約もあると思うので、付帯すべきはこれ!というものだけを紹介していきます。

●弁護士費用等担保特約

この特約は、あると便利なので付帯すべきかなと思います。弁護士費用の上限は300万円としている保険会社が多く、保険相談や示談交渉などにかかる費用を補償してもらえる特約なのですが、保険会社が示談してくれればいいじゃないかと思う人もいるかもしれません。しかしですね、自己責任が全て相手にありこちらが被害者の場合には保険を使用しないため、保険会社の示談交渉サービスを利用することができません。そういった時にはこの特約が最大限に効果を発揮し、弁護士に間に入ってもらい示談交渉をサポートしてもらう事ができます。被害者になった時に正当な保険金額を支払われるようにするためにも必要な特約ですね。

形成手術費用担保特約

事故にあって、治療をサポートしてくれるのは自動車保険の人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険なのですが、これらは、あくまで、ケガの治療を目的としており、見た目を元通りキレイにしてくれるものではありません。キズが残ったりした時の形成手術の費用や、歯が折れてキレイにするための治療やインプラントなどの治療は保険適用外で、全て実費になっています。そういった場合には、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険では治療適用外になる可能性もあり、女性の方は特に精神的なダメージも大きくなります。そういった場合に形成手術費用担保特約を付帯しておくと傷跡をキレイに治療するための費用を補償してもらえる事になります。限度額や対象となる形成手術については細かく規定があるので、各保険会社の特約を契約前にしっかりと確認しておきましょう

個人賠償責任特約

この特約は子供がいる家庭の人にとっては、おすすめの特約ですね。子供は何をするが分かりませんよね。行動が読めないというか、目を離した隙にいたずらをしていることもあり、人に迷惑をかけたり、物を壊したりしてしまう事もあります。限度にもよりますが、子供だから許されるという事はありません。全てにおいて責任は、親である自分自身にのしかかってきます。「子供がしたことですから」自分は関係ないと思っていると、巨額の賠償金額を支払わないといけないようなことが今後の人生では起こる可能性も秘めています。そういった場合には、個人賠償責任特約が有効に働き、守ってもらう事が出来ます。保険料金も月額100円程度で、1億円以上を補償してもらえると考えると安く感じますね。

まとめ

自動車保険の中で、どの特約を付けるのかで保険料も大幅に変わってきます。今回は、付帯しておくと安心かなとおもえる、特約を紹介しましたが、人それぞれ必要・不要はあると思います。保険を選ぶ際には、いかに保険料を安く、安心できる特約を付帯することができるのかで判断すべきなので、自動車保険の一括見積もりをして見るものいいかもしれませんね。実際に一括見積もりを利用してみたんですが、保険料の差を見比べると倍以上違うなぁという驚きの結果が出ました。年齢や等級などでも違うでしょうが私の場合は、チューリッヒが格段安かったですね。そこから、どの特約を付帯するのかを考えて自動車保険を選択することができました。トータル的なバランスを見ながら自動車保険を選択していきましょう。

一番安い自動車保険本当に安くて最適な自動車保険のポイント

あなたにとって一番良い車の保険が見つかる!

私が自動車の保険に入る時、一括見積りサイトを利用したところ、同じ保障内容なの、 保険料が86,400円⇒62,640円23,760円も安くなりました。

保険の窓口インズウェブでは、最大20社の一括見積もりが受けられ、自分にあった良い保険が見つかります。

申込は5分、無料で利用できるので保険を比較するのに最適です

一番安い保険が見るかる↓自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス↓

▼中古車を安く買いたいなら▼

もしあなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車を本当に高く売る方法を考えてください。そして、高くクルマを売った資金で安く買える中古車を選ぶ方法が一番お得です。

車を売る時は車買取専門店の一括査定を利用してください。複数の業者と比較することで、あなたの愛車の価値が最大限に引き出せます。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

一番お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく安く買える中古車を探してもらうのがおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える状態のいい安い中古車は見つかります。ネットや販売店にすでに情報が出ている車はお得ではありません。まだ公開されていない非公開の中古車を選ぶ方法が一番お得です。

あなたが見てる中古車情報は3割だけしか見れてない!
 

中古車を探すときはカーセンサーやGooを見ますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。

残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、ネットを利用することで一部見ることが可能になりました!

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ利用してください!

お得に中古車を購入するなら非公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としては非公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

↓↓中古車お探しサービスは下記から↓↓

ノレル(norel)自由にクルマを着替えられるサービス

ローン不要の車乗り換えサービスが中古車販売店ガリバーを経営するIDOMから始まりました。最短90日で車を乗り換えられるサービスノレルnorelです。

こちらのサイトでノレルについて詳しく紹介されているので

参考にしてみてください。→ノレルnorel評判+口コミ|クルマが月額19800円で叶う理由!

クルマを自由に着替えようローン不要!好きな車にノレル
月額19,800円~豊富なラインナップから車を選び放題!
・最短90日で乗り換え可能!
・対人・対物・人身傷害保険込み!
・自動車税、重量税の支払い不要
・車検も必要なし
・ローン不要
必要なのは駐車場とガソリンだけ、憧れの高級車から便利なミニバンまで900車種の中から、今までになかった便利な新しいサービスであなたのライフスタイルに合った一台がきっと見つかる!

NOREL (ノレル)

関連記事

自動車保険弁護士費用特約は付帯すべき?メリットと有効な使い方

一番安い自動車保険!保険料が本当に安くなる比較ポイントを徹底解説

ページ上部へ戻る