自動車保険の保険料を安くするための方法!高いのには理由がある?

車を購入すると必ずと言っていいほど加入する自動車保険は、1年分をまとめて支払うと結構、高いですよね。分割で支払うと多少は安く感じるかもしれませんが契約する保険会社によって保険料はバラバラです。この、保険料を少しでも安くするために、いくつか方法があるのでポイント別に紹介していきます。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

高く売りたい人必見!車一括査定で価格比較!愛車の価格を調べる

自動車保険の保険料を安くする:運転者範囲を決めておく

保険料を安くするためのポイントとして「運転者範囲」があります。全ての年齢、人が運転できるようにすると保険料はそれだけ高くなってしまいますが、運転する人を限定することで保険料を節約することができます。本人限定にしておくと保険料は安くなりますが、配偶者なども運転する場合があるのであれば、家族限定、また、運転する人が多くなる場合でも、年齢を30歳以上などと限定することで保険料は安く抑えることができるようになっています。

自動車保険の保険料を安くする:保険料の支払いを一括にする

保険料の支払いは分割と一括支払いと選択することができるのでが、保険会社によっては一括支払いをすることで全体の5%くらい安くなる場合もあるので、少しでも保険料を安くしたいのであれば、一括を選択するべきです。とはいっても、一気にお金を支払うと、なぜか、分割支払いよりも損をしたような気分になってしまうので、月々決まった少ない額を支払いたい人は分割を選択するべきですね。私は分割派です。

自動車保険の保険料を安くする:年間の走行距離によって保険を切り替える

車を運転する頻度によって、事故をする確率も上がってきます。そういった点から、最近では保険料を走行距離で計算する保険会社も多くなってきています。保険料は走る分だけなど印象的なフレーズがCMなどでも聞こえてきますが、年間を通してそんなに運転をしない人にとっては有利になる保険内容です。そういった点を踏まえて走行距離を考えながら保険の切り替え時期に一括見積などで他の保険会社と比較すると、保険料は分かりやすいですね。

自動車保険の保険料を安くする:長期契約で保険の値上がりを抑える

長期契約することで保険料の値下げになることはないのですが、長期契約することで事故などを起こした時に等級ダウンを契約期間防ぐことができます。そうなると本来であれば保険料が高くなるような事故でも、保険等級が変わらず、保険料が安いまま、継続することができます。契約が終われば等級は下がってしまいますが、契約期間中は保険料が下がらないため、その期間保険料を抑えることにつながっています。

自動車保険の保険料を安くする:人身傷害補償保険を見直したほうがいい?

保険料を安くするのであれば契約車両に搭乗者のみを選択すると保険料は安く収まります。他車に搭乗中や歩行中は補償されないのですが、その場合にも相手は保険に入っているはずですから、相手の保険を利用することができます。しかし、万一相手が保険に入っていない場合には補償されない可能性もあり、心配ではあります。人に車をぶつけるような人が保険に入っているのかと言うと疑問もでてきますね。保険会社によっては、他車に搭乗中や歩行中の事故の補償を付帯したとしても保険料が安い保険会社もあるので、保障内容を手薄くするというよりは、他の保険と比べて安いところを選択した方が賢いといえそうです。

安い自動車保険を見つけるコツを紹介しています。

自動車保険の保険料を安くするためのコツまとめ

自動車保険の保険料を安くするためのコツは以下のようなものがあります。

・保険期間を短くする: 保険期間を短くすることで、保険料を安く抑えることができます。

・保険証明書を持参しない: 保険証明書を持参しないことで、保険料を安く抑えることができます。

・使用目的を変更する: 使用目的を変更することで、保険料を安く抑えることができます。

・保険会社を比較する: 保険会社を比較して、保険料が安い会社を選ぶことで保険料を安くすることができます。

・車のカテゴリーや車種によって保険料が変わるため、車種やカテゴリーを選ぶ

・契約する特典やサービスに応じて保険料が変わるため、必要な特典やサービスを選ぶ

・ドライバーの年齢や運転歴によって保険料が変わるため、選ぶ

・保険料を支払う方法によって保険料が変わるため、支払い方法を選ぶ

・安全装備やセキュリティー機能を搭載している車両は、保険料が安くなることがあります。

・保険会社によっては、免許保有年数や運転歴、運転教習所での受講歴などによって保険料が変わることもあるため、こうした情報を提供することで保険料を安くすることができます。

・取り付けられたカーナビやスマートフォンアプリなどを利用したドライブトラッキングシステムを使用することで、安全運転に対する割引が適用されることもあります。

・自分自身で車を修理する場合、保険料が安くなることがあります。

・年齢が高い方や女性の方は、保険料が安くなることがあります。

・大学生や学生などの学生割引が適用されることもあります。

これらのコツを参考にして、自動車保険の保険料を安くすることができます。ただし、保険料が安いからと言って、必要な保険をカバーしていないプランには乗り換えないように気をつける必要があります。

自分に合った〇安い自動車保険をみつける

〇安い保険が見るかる↓自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

【車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ】

「ナビクル車査定」

参考:ナビクル車査定
一括査定サービスは低い査定業者と高い査定業者との買取査定額の差を比較することができます。ナビクル車査定は、最大10社から一括査定が受けられ、申込は簡単、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

「60秒ほどで、査定依頼が完了」
「最大10社へ査定依頼可能」
「複数社が競争して、相場が上がりやすい」
「最高の査定額の業者に、売れる」
「相場チェックとしても役立つ」

メールでの連絡を希望したい場合などには、総合窓口があり「ナビクルHP問い合わせ」から連絡すると一括査定を依頼した各業者にナビクルが希望を伝えてくれます。

複数の買取専門店に実際に無料出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に進められます。

できるだけ車を希望価格で売りたいのであれば、おすすめの一括査定サービスです。
数十万円高い査定額がつくことも!
車一括査定サイト ナビクルはコチラ>>https://a-satei.com/satei/navikuru/
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

「カーセンサー簡単ネット車査定」

参考:カーセンサー.net簡単ネット査定

「カーセンサー」を使うと、評判が良い買取業者複数社に一括査定依頼ができるので、高く売れる可能性が上がります。

メール連絡希望も可能!「カーセンサー任意項目の連絡希望時間帯」に希望を入力して申し込みして下さい。

しかもオークション形式も選択可能でしつこい営業電話もありません。

「電話連絡ではなくメールにしたい」
「なるべく多くの買取店に査定を依頼して比較したい」
「オークション形式で車を売却したい」
「近くの買い取り店が知りたい、売りたい」
「愛車の相場を知りたい」
という方はカーセンサーの車査定を利用してみると良いかもしれません。
要望を記入できる車一括査定サイト
カーセンサーnet査定はコチラhttps://kaitori.carsensor.net/
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

【中古車を探すならご希望の車をプロに依頼するのがおすすめ】

【ズバット車販売】
お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく、品質のいい中古車をプロに探してもらうのもおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい中古車も見つかります。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!?

中古車はネットや店頭で探していると思いますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、
中古車お探しサービスにリクエストすると、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ、活用してください!

ここでしか探せない非公開の中古車もありますので
毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
中古車お探しサービスはコチラ>https://www.kuruma.zbaboon.jp/
▼ズバット車販売!無料登録はこちら▼

関連記事

自動車事故を起こした時の初期対応!冷静に判断するには?

20 代 車 予算|平均年収で考える購入可能な人気中古車5選!

ページ上部へ戻る