ホンダN-BOX 新型と旧型違いを比較!中古車買うならどっちがお得?

ホンダnboxが2017年9月にフルモデルチェンジされ2代目として発売されています。初代N-BOXから2代目N-BOXに変わって見た目のデザイン、内装、先進予防安全装備など大幅にリニューアルされています。このサイトではどこが変わったのかnbox 新旧 比較しながら解説していきます。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

乗り換えの人必見!一括査定で価格比較!愛車の価格を調べる

nbox 新旧 比較

ホンダnboxは初代が2011年12月に軽トールワゴンとして発売されました。発売開始から5年間に4度、年間軽自動車販売台数をトップに君臨しています。2代目となる新型N-BOXが、2017年9月発売され再び注目され、その年最も売れた車となり大ヒットを記録しました。

最近では中古車でも見かけるようになったnbox ですが、中古車を買うならどっちがお得なのか?nbox 新旧 比較してどちらにするのか参考にしてみてください。

nbox 新旧 外装(エクステリア)の違いを比較 

nbox 新旧 外装比較

▼旧型nbox▼

▼新型nbox▼

 

▼旧型nboxカスタム▼

▼新型nboxカスタム▼

N-BOXの外装を新旧で比較すると、フロントマスクは旧nboxのいい部分を残しながら以前よりボリュームのある上質なデザインになっています。

新N-BOXではヘッドライトにプロジェクタータイプのフルLEDを装備。丸く光るポジションランプが特徴的です。シンプルで可愛いフォルムになるています。
新型N-BOXのボディーに使用している素材は亜鉛メッキ銅板採用し、旧型よりもサビへの耐久性が増しています。

新型N-BOXカスタムは「セレブリティ・スタイル」をテーマにしており、より洗礼されたデザインのカッコイイフォルムになっています。ヘッドライトもロービームでは下段の6灯、ハイビームでは上段の3灯の合計9灯のランプを搭載しており個性的で派手な仕様にグレードアップしています。

nbox 新旧 インテリア(内装)の違いを比較

nbox 新旧 内装比較

▼旧型nbox▼

▼新型nbox▼

▼旧型nboxカスタム▼

▼新型nboxカスタム▼

nbox 新旧見比べて見るとインパネ(メーター類が設置されるパネル)のデザインが変更されています。メーター類も新nboxではインパネ上部に設置されているため、以前よりよりスッキリとしているため、空間が広く感じるデザインになっています。

実際に新型N-BOXは、旧型よりも室内長が60mm広くなっており、無駄をなくした軽自動車の完成系といえます。

新型N-BOXカスタムの内装は、通常モデルのN-BOXより高級感あふれる仕様になってるので、より上質な空間を求めている方にもおすすめです。

nbox 新旧 装備&性能の違いを比較

nbox 新旧装備の大きな違いとして安全装備「ホンダセンシング」が全車に標準装備されている点です。 歩行者検知式自動ブレーキ、誤発進・誤後退抑制、車線維持支援、 前走車追従式クルーズコントロール︎など、どのグレードを購入しても安全が守られているのは嬉しいポイントです。

新nboxnには新開発したエンジンバルブコントロール機構VTECを搭載。これにより新型では旧型よりも約80㎏もの軽量化が実現できた要因になっています。エンジンと重量が改善された事によってよりパワフルな走行が可能になっています。

nbox 新旧 グレードと価格を比較

nbox 新旧 価格を比較していきましょう。新車で買うのか?中古車で買うのか?迷うところですが、まずは新車価格と中古車価格を見て比較してみてください。

旧型N-BOXグレード+新車価格+中古車価格

旧型N-BOX

C: 新車価格120万

G :新車価格127万

G・Lパッケージ:新車価格 137万

旧型N-BOXカスタム

G :新車価格148万

G・Lパッケージ:新車価格 156万

G・ターボLパッケージ:新車価格167万

旧型N-BOX中古車価格

旧型N-BOX中古車を調べてみたのですが、〇安い価格では年式2012(H24)本体価格29万円で見つかりました。かなり安いですが問題点として走行距離が20万km超えそうな中古車です。車検も付いていますが、長くは乗れないのでお買い得とは言えないかもしれません。中古車を選ぶポイントは走行距離1年1km未満の中古車です。年式5年以内、走行距離5万km、修復歴なし、車検付き、で再び調べて見ると本体価格64万円で見つかりました。

この状態で、この価格なら、まあまあ安いといえます。NBOXを新車で購入するよりもかなりお得に中古車は購入できる事が分かりました。

新型N-BOXグレード+新車価格+中古車価格

新型N-BOX

G :新車価格132万

G Honda SENSING :新車価格139万

G・L :新車価格143万

G・L Honda SENSING:新車価格150万

G・EX :新車価格153万

G・EX Honda SENSING :新車価格160万

新型N-BOXカスタム

G・L :新車価格160万

G・L Honda SENSING :新車価格170万

G・EX :新車価格168万

G・EX Honda SENSING :新車価格175万

G・L ターボ Honda SENSING :新車価格190万

G・EX ターボ Honda SENSING :新車価格195万

新型N-BOX中古車価格

新型N-BOX中古車を調べてみたのですが、〇安い価格では年式2017(H29)本体価格88万円で見つかりました。新型nboxとしては安いのですが問題点として修復歴ありの中古車です。修復歴を気にしない方は安く買えるので良いのですが、安心して乗れないのでおすすめはしません。旧型N-BOX同様新型N-BOXでも、走行距離1年1km未満、修復歴なし、車検付き、で再び調べて見ると本体価格99万円で見つかりました。

新型N-BOXも発売されてまだ間もないですが、状態がよく値段の安い中古車は探せば見つかるようになってきています。

nbox 新旧 中古車買うならどっちおすすめ?

nbox 新旧 比較してデザインは似ていますが、それ以外はかなり違うように感じます。見た目で選ぶなら初代旧型N-BOXカスタムが中古車ならお買い得なのでおすすめなのですが、軽自動車に乗るなら安全性を最も重要視するべきだと思います。

新車に比べると新型nboxの中古車はお得に買えるようになっているため、安全装備「ホンダセンシング」が全車に標準装備されている新型2代目N-BOXの方をおすすめします。
▼中古車を安く買いたいなら▼
もし、あなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車をなるべく希望価格で売れる方法を考えてください。そして、売った資金で安く買える中古車を選ぶ方が損をしないかもしれませんよ。

【車を売るなら無料一括査定がおすすめ】

「ナビクル車査定」
一括査定サービスは低い査定業者と高い査定業者との買取査定額の差を比較することができます。ナビクル車査定は、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。できるだけ車を希望価格で売りたいのであれば、
>>ナビクル車査定はおすすめのサービスです。
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

【中古車を探すならご希望の車をプロに依頼するのがおすすめ】

【ズバット車販売】
お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく、品質のいい中古車をプロに探してもらうのもおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい中古車も見つかります。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!?

中古車はネットや店頭で探していると思いますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、

中古車お探しサービス>>ズバット車販売を利用することで

中古車お探しサービスにリクエストすると、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ、活用してください!

ここでしか探せない非公開の中古車もありますので、毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
▼ズバット車販売!無料登録はこちら▼

【トヨタの月額定額制プランくるまのサブスクはKINTO(キント)】

KINTO(キント)】
車を買うから(月額定額サブスク)の時代に!
頭金0、任意保険料・メンテナンス費・税金もコミコミの月々定額サービス

・任意保険はどこがいいかわからない

・車検や税金でまとまったお金が必要

・点検やオイル交換、メンテナンスも忘れそう

そんな忙しいあなたに トヨタにお任せできて安心のくるまのサブスク
>>【KINTO】キント
がおすすめです。

\無料見積もり、車種選びはコチラから/

関連記事

軽 自動車 中古 安い 車種の失敗しない選び方!【厳選TOP3】

トヨタ ルーミー と タンク の 違い!中古車買うならどちらが人気?

ページ上部へ戻る