エコカー減税対象の人気自動車、補助金を利用してお得に買おう!

車の購入は、高額な費用が掛かり最低でも5年間は、乗るために買う人がほとんどだと思います。維持費用もかかるので、車選びには慎重にならざるを得ない大きな買い物なのですが、最近では、エコカー減税で補助金が利用出来るエコカーを選択する人が多くなっていますね。自動車メーカーからは、色々なエコカー車種が発売されいるのですが、どれを購入すればいいのか迷うところです。ここでは、今人気のあるエコカーを紹介していきます。

エコカー減税、自動車グリーン税制、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金が利用できる車

※自動車の購入にかかる税金と減税対象車両

自動車取得税

自動車取得税は、車を購入時、車両の金額に対して課せられる税金で
新車の場合、税率は3%、中古車は1年落ちで約0.68%の税率、2年落ち以降1年毎に税率が下がります。
自動車取得税は、自動車を登録する各都道府県に支払います。例100万円×3%= 3万円
取得価額が50万円を超えなければ、自動車取得税不要

自動車税

自動車税は、自動車の所有者に毎年課せられる税金です。普通乗用車は、エンジンの排気量で税率が分けられています。
自動車税は、車を登録する各都道府県へ支払います。例排気量1.5リットルの自家用乗用車の場合 3万4,500円

自動車重量税とは、車の区分や車両重量に応じて課税される税金です。
5・7ナンバーの自家用乗用車は、車両重量0.5トン毎に課税される税額が増加します。(緑ナンバーの営業用車は異なります)
支払先は運輸局になります。例1,5トン、(1.5トン÷0.5トン)×4,100円= 1万2,300円 1万2,300円×2年車検= 2万4,600円

減税対象車両電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・クリーンディーゼル自動車(乗用車)・燃料電池自動車 等

メーカー各社の減税対象エコカー

トヨタ:プリウスPHV、MIRAI、ランドクルーザープラド

日産:リーフ、e-NV200

ホンダ:オデッセイ ハイブリッド、 ジェイド ハイブリッド、フィットハイブリット

マツダ:CX-3、アクセラ

エコカー減税対象車両を購入すると補助金などの支給により税金が30万円以上お得になることもあり、購入費用、維持費用を節約することが出来ます。車の乗り換えなどで新しく車を購入する場合には、ハイブリット車や電気自動車のような近未来の新しい自動車を選択してもよさそうです。

中古車のエコカーを安く購入するなら未公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としては未公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

↓↓中古車お探しサービスは下記から↓↓

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

「ユーカーパック」

ユーカーパックは、ネットから申し込み後、愛車の概算価格が直ぐにわかるので、安心です。通常の一括査定とは違い、複数の業者とメールや電話てやり取りをする必要が無く、ユーカーパックのみと連絡を取り合います。提携しているガソリンスタンドなどで、査定をしてもらい、その情報を元に、全国の買取店が、オンライン上で、買取価格を決めていく画期的なサービスです。入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいです。複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にはオススメできます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

一括査定サイトを利用する事で、車の価値を最大限に引き出し、効果的に自動車を売却できるので、あなたの愛車を、本当に高く売れる買取専門店がきっと見つかります!

 

関連記事

プリウス30 系前期と後期違い、中古車を買うならどっちがお得?

ヤフオクで車をお得に購入した話。自動車購入体験談

ページ上部へ戻る