新車が半額で買える残価設定ローンについて

残価設定ローンいわゆる残クレと言う言葉を耳にした事がある方は多いのではないでしょうか。新車が半額で買える、などといった謳い文句で、ディーラーでは積極的に勧めてくる営業マンも多いです。そこで今回は、新車が半額で買える残価設定ローンについてご紹介したいと思います。
残価設定ローンの仕組みについて


新車価格から、3年から5年後の車の査定額(いわゆる残価)を差し引き、残りの金額を支払うといった仕組になります。残価は、メーカーや車種により異なりますが、基本的には3年の場合は約50%程度の設定としているところが多いです。ですので、ユーザーは残りの50%を支払えば良い訳ですので、これが新車が半額で買えるということになります。なお、3年ないし5年後には新たに買替えなければいけないのかといいますと、そうではありません。購入先のディーラーへ買取ってもらう、あるいは残価を一括払いまたは、再びローンを組んで乗り続ける事ができます。


残価設定ローンのメリット
自動車ローンで車の購入を考えた場合、3年から5年で全額を支払う事になります。この場合、車両代金の100%を支払う必要があり毎月の負担は多くなります。一方、残価設定ローンの場合は、3年の場合で車両価格の50%から60%、5年の場合で70%から80%を分割払いしていく事になりますので、毎月の返済額は格段に安くなります。また、契約終了時の買取額が保証されている事や、3年の場合は車検費用が掛からない事、さらには定期的に新しい車に乗る事ができるといったメリットがあります。


輸入車がおすすめ
残価設定ローンは、輸入車メーカーも用意しています。国産車に比べて低い金利や様々な購入サポートを実施しているなど、意外とお得に購入する事ができます。普段中々届かない輸入車もこういったサービスを利用してみるのもおすすめです。


注意点について
残価の保証を満たすには、走行距離の制限やカスタマイズができない事、定期的な点検や整備を受けていることなど、細かな条件が設定されています。このため、走行距離が超過したり、傷や凹み、改造などがあった場合には残価の保証がされなくなり、総支払い額が高くなることもあるので注意が必要です。また、所有者はディーラーとなりますので、いわゆるリースに近いイメージになります。


残価設定ローンは、月々の支払いが安くなるというのが最大の特徴です。ただし、金利は通常のローンに比べて高くなりがちですので、総支払い額で見た場合には高くなる傾向が強いです。それでも月々の支払いを抑えたいという方にとっては残価設定ローンはおすすめなサービスといえます。

中古車を安く購入するなら未公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としては未公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

↓↓中古車お探しサービスは下記から↓↓

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

「ユーカーパック」

ユーカーパックは、ネットから申し込み後、愛車の概算価格が直ぐにわかるので、安心です。通常の一括査定とは違い、複数の業者とメールや電話てやり取りをする必要が無く、ユーカーパックのみと連絡を取り合います。提携しているガソリンスタンドなどで、査定をしてもらい、その情報を元に、全国の買取店が、オンライン上で、買取価格を決めていく画期的なサービスです。入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいです。複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にはオススメできます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

一括査定サイトを利用する事で、車の価値を最大限に引き出し、効果的に自動車を売却できるので、あなたの愛車を、本当に高く売れる買取専門店がきっと見つかります!

関連記事

軽自動車(中古車)の買い替え体験談

自動車保険の必要補償!事故した時にわかる、車両保険の重要性

ページ上部へ戻る