新型プリウスPHV 37.2km/Lの超低燃費で人気上昇中・性能はどうなのか?衝撃の事実!

トヨタ「新型プリウスPHV」量産車世界初のソーラー充電システムを搭載するなど、今までにない、自動車の新時代を彷彿とさせる次世代エコカー、トヨタ「新型プリウスPHV」の人気が上がってきているようです。販売台数も当初トヨタが想定をしていたよりもはるかに上回る5倍以上に達しており、日本国内の販売台数も首位を維持しています。

PHVとは何なのか?

PHVは「プラグインハイブリッド」の略称で、電気自動車とハイブリット車を組み合わせたシステムです。

PHVになることで、家庭用のコンセントから直接バッテリーに充電をすることができるので、電気の力とガソリンによるモーターの力の両方で走行することが出来るので、今までにないような低燃費で長い走行距離を実現できています。

環境性能に優れ静かでクリーンな走行が可能、環境対応車普及促進税制に基づき、自動車取得税や自動車重量税などが安くなる場合もあります。今後のガソリンの値上がりを気にすることなく自動車に乗れるので、安心ですね。

プリウスPHV新型は燃費や機能性も大幅に上昇している!

新型プリウスには、従来の車種には、無かった機能が付属されています。

まず、注目されているのが従来のモデルでは、不可能だった、モーターとジェネレーターを同時に駆動できる「デュアルモーターシステム」です。これにより、EV性能が向上しており、走り出しから加速までを静かにする走行性能がアップしています。

そして、近未来感を感じさせるルーフ部分に「ソーラーパネルの搭載」 をすることで駐車中に太陽光を電気に変えて、走行中のバッテリーの電力消費を抑えることができ、走行距離と燃費が更に向上しています。

さらに「先読みエコドライブ」によって、交差点などで減速や停止をする時にドライバーの運転を先読みしてサポートすることで、燃費の向上が図られています。

これらによって、新型プリウスPHV の燃費は37.2km/Lが実現できています。

新型プリウスPHVの最新デザイン

新型プリウスの注目されているポイントは燃費だけでなく、見る者を引きつける先進的なデザインです。

従来のモデルからフロントのフェイスデザインとリヤのバックデザインが大幅に変更され、特徴的なフロントライトとリアライトによって行く先を照らしだし、「ダブルバブルウィンドウ」と名付けられた車両後部の荷室の扉もスタイリッシュに変更されより近未来を感じさせるデザインになっています。

エコカーなのにかっこいい新型プリウスPHVに今後も人気が集中しそうですね。

 

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

「ユーカーパック」

ユーカーパックは、ネットから申し込み後、愛車の概算価格が直ぐにわかるので、安心です。通常の一括査定とは違い、複数の業者とメールや電話てやり取りをする必要が無く、ユーカーパックのみと連絡を取り合います。提携しているガソリンスタンドなどで、査定をしてもらい、その情報を元に、全国の買取店が、オンライン上で、買取価格を決めていく画期的なサービスです。入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいです。複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にはオススメできます。

一括査定サイトを利用する事で、車の価値を最大限に引き出し、効果的に自動車を売却できるので、あなたの愛車を、本当に高く売れる買取専門店がきっと見つかります!

 

関連記事

事故車・不動車でも買取りしてくれる業者!

新車選びのポイント、車種とメーカー選び方を知らないと損!

ページ上部へ戻る