新車の購入は昔に比べて高くなっているのはなぜ?現在の車情勢

現在の車は10年~20年前と比べて性能が格段に進歩しています。様々な安全装備や、燃費性能、エンジンの種類など目覚しい進歩です。昔は1500ccの一般の車などは150万程度で買えたのですが、今は高いものだと250万前後する時代です。賃金が上がっていない中、新車を買うのにも苦労する様になってしまいました。

まずエンジンの種類によって価格が大きく異なります。普通のエンジン、ハイブリッド、ディーゼルエンジン、電気自動車など様々です。車の知識に乏しい方がデイーラーの営業さんの言うとおりに買ってしまったら、必要のない性能の車を交わされて高いお金を払わなければいけない可能性もあるので、買う側もそれなりに勉強して購入すべきでしょう。


今は一番シンプルな装備で1リッタークラスの新車でも100万はかかります。軽自動車に関しても性能が上がっているとはいえ90万~200万位がメインでしょう。いらない装備は付けない、好みでないエンジンの車は買わないという事前の調査は必須です。ハイブリッドエンジンは燃費性能が良く乗り心地も滑らかで良い車です。

しかし通常の車よりも割高になります。いくら燃費が良いと言ってもこれをクリアするには最低10万キロ以上は走らないといけないので、走行距離が少ない方にはお薦めできません。また、乗り心地は良いですが、加速性能を求める方にもあまり向きません。ディーゼル車(クリーンディーゼル)も最近販売台数が伸びてきました。

こちらの特徴はまず燃料が軽油という事でレギュラーガソリンの約15%程度は安く燃料代が抑えられるという点が一つです。また、加速性能が良くエンジンの低回転の加速感はダイナミックなものがあります。ただしエンジンの特長上、絶対的速さはそうでもありません。又車両価格がハイブリッドと同じく割高になっていますのでやはり走行距離の少ない方にはあまりお勧めできません。

ただしハイブリットと違い加速感が特徴的でそれが気に入ればとてもお薦めな車です。走りも楽しめ燃料維持費も安く済ますことが出来るのです。電気自動車については、安くなってきたとはいえ一番割高感があります。また電気を充電する設備も一回で走れる距離もまだまだガソリン車には遠く及びません。車の加速のフィーリングは今までにない乗り心地で良いと思います。ただこれから更に電気自動車は進化していくでしょうから私は待ちだとだと考えます。


各車の特長を書かせていただきましたが、今の車はどれを乗っても大きな失敗はないほど技術が進歩しているので、好みと予算で車を選ぶ選択枠が増えたのはいいことだと思います。

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

「ユーカーパック」

ユーカーパックは、ネットから申し込み後、愛車の概算価格が直ぐにわかるので、安心です。通常の一括査定とは違い、複数の業者とメールや電話てやり取りをする必要が無く、ユーカーパックのみと連絡を取り合います。提携しているガソリンスタンドなどで、査定をしてもらい、その情報を元に、全国の買取店が、オンライン上で、買取価格を決めていく画期的なサービスです。入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいです。複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にはオススメできます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

一括査定サイトを利用する事で、車の価値を最大限に引き出し、効果的に自動車を売却できるので、あなたの愛車を、本当に高く売れる買取専門店がきっと見つかります!

中古車を安く購入するなら未公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としては未公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

↓↓中古車お探しサービスは下記から↓↓

関連記事

ミニ クラブマン クーパーD・乗るたびに実感する魅力

1万円以上安くなる自動車保険の見直し方法!

ページ上部へ戻る