新車購入時の私の値下げテクニック・実際に使える!車購入体験談

当方30代後半です。今まで新車を2回程購入した経験があります。今後新車を購入される方に参考になればと思い、2回目に購入した時の私の値下げ方法について書かせていただきます。


「まずは車種の絞り込み」からです。今回は子供の事を考えトヨタヴォクシーに絞り込みました。下から220万円代からありますが、街で見かけるヴォクシーにあまりグレードの低いものは見られず、大抵はグレードの高めのものか特別仕様車が多い印象でした。人気車種、グレードは売却時にも高値がつく可能性がありますので、グレードに悩まれたら人気のものを選ぶといいと思います。(補足ですが、色も重要です)


車種が絞り込めたら「次は営業探し」です。営業には若手からベテランがいますが、私は間違いなく若手を選びます。一般的には若い人が値下げできる幅を持っているからです。次に営業の手腕を探ります。これは見積を出させれば概ねわかります。こちらも買う気で交渉しているので、こちらが考えている値下げ幅に遠く及ばない場合は、甘く見られていると考えて店を変える事にします。

個人的な見解ですが、トヨタ車を例に上げるとモデルチェンジ直後でない場合、30万は下げられると考えています。
営業も良さそうなら「次は交渉準備」です。

オプションはしっかりと必要なものを選んでおきます。不要なオプションを付けられてもいいなりではいけません。また、キャンペーンが迫っていないか確認します。キャンペーンは意外と軽く見られがちですが、あるのとないのとでは営業の下げ幅(値下げの理由付けができる)が変わってくるので重要なポイントです。

積極的に活用しましょう。下取りできる車がある事もポイントが高いです。希望の値下げ金額と帳尻を合わせるために、高値で下取りしてくれる可能性があります。


準備が整ったらいよいよ「値下げ交渉」です。ここではズバリいくらなら買うという金額を決めてのぞみましょう。びっくりするぐらい強気でいいです。営業はその金額に近づけるためにいろいろなアイデアを出してきます。間違っても徐々に下げようとは思わないでください。はっきり買う金額が提示されている方が値下げしやすいものなのです
値下げテクニックまとめます。
車は人気の高いグレードを選ぶ。営業は若手を選ぶ。キャンペーンを活用する。値下げ交渉では希望金額を提示する。です。

決して安くない買い物です。納得がいくまで調べて、粘り強く交渉し、愛車を手に入れましょう。

中古車を安く購入するなら未公開車両が断然お得!

中古車を安く購入する時の方法としては未公開車両という選択肢があります。通常人気のある中古車は、販売店や中古車サイトに並ぶ前に売れてしまうといわれています。そのため、一般の人が購入することが難しく、手に入らないのですが、中古車お探しサービスでリクエストをしておくことで、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

↓↓中古車お探しサービスは下記から↓↓

車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ

「かんたん車査定ガイド」

私が乗っていたアクアを一括査定で申し込みをして、査定を依頼したときには、一番低い査定の業者と一番高い査定の業者との、買取査定額の差は26万5000円にもなりました。かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分で、終わり申し込み後直ぐに車の概算価格がわかるので安心です。複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。本気で車を高く売りたいのであれば、簡単査定ガイドが最も高く売れます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

「ユーカーパック」

ユーカーパックは、ネットから申し込み後、愛車の概算価格が直ぐにわかるので、安心です。通常の一括査定とは違い、複数の業者とメールや電話てやり取りをする必要が無く、ユーカーパックのみと連絡を取り合います。提携しているガソリンスタンドなどで、査定をしてもらい、その情報を元に、全国の買取店が、オンライン上で、買取価格を決めていく画期的なサービスです。入札形式で買取額を決めるので、自然と価格の競争も起きやすく、高額査定につながりやすいです。複数の業者と価格交渉をするのが面倒な方にはオススメできます。

↓↓あなたの車を高く売るサービスは下記から↓↓

一括査定サイトを利用する事で、車の価値を最大限に引き出し、効果的に自動車を売却できるので、あなたの愛車を、本当に高く売れる買取専門店がきっと見つかります!

関連記事

廃車の手続きと廃車までの流れ・永久抹消登録のやり方

【注意点】中古車を購入する時のチェックポイント!

ページ上部へ戻る