自動車税払わない方法|差し押さえ・延滞金を回避!

【PR】※アフィリエイト広告を利用しています

毎年5月になると自動車税の支払いをする必要があり、排気量によって異なりますが数万円まとまったお金を収めないといけません。自動車税を滞納すると催促状が届きそのままにしていると差し押さえされてしまいます。

差し押さえを回避して自動車 税 払わ ない 方法はあるのか?通常自動車税を支払わないと何度も督促状や催告状が届き、延滞金も発生してしまいます。自動車税を払わないためにどうすればいいのか?解説していきます。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

高く売りたい人必見!車一括査定で価格比較!愛車の価格を調べる

自動車税を支払わないとどうなるのか?

自動車税は、車両を運転するために必要な税金であり、支払わないと法的な問題が発生する可能性があります。

自動車税を支払わない場合、当局によっては、罰金や滞納金が発生することがあります。また、車両を運転した場合には、運転免許の許可が取り消されることもあります。

また、車両を販売する際にも、自動車税の支払い状態が良好でなければ、車両の販売ができない可能性があります。

自動車税は適切に支払うことが必要ですので、適切な期間に支払うようにしてください。

自動車税を支払わない場合、当局によっては、車両を運転した場合には、運転免許を取り消したり、車両を強制停止させたりすることもあります。

また、車両を所有している場合には、自動車税の支払い状態が良好でなければ、車両の保険に加入することができなくなる可能性もあります。

さらに、自動車税の支払いが遅れている場合には、当局によっては、車両を強制的に収集し、所有者に対して高額な請求金を請求することもあります。

自動車税は適切に支払うことが必要ですので、適切な期間に支払うようにしてください。また、自動車税についての疑問や質問がある場合は、地域の当局に確認することをおすすめします。

自動車税は毎年5月1日~5月31日までに支払うように通知が届きます。

自動車税を未納のままにしていると

7月位に督促状として改めて請求書が届きます。
9月位に早く支払ってくださいと催告状が届きます。
翌年~ 差押予告書が届いた後に差し押さえ実行されてしまいます。

自動車税の支払いは車を所有している人の義務となり車を所有している限りは自動車 税 払わ ない 方法というのはありません。

では、どうすれば自動車税を支払わなくていいのか?

自動車 税 払わ ない 方法は車を売るか廃車にする!

自動車税の課税対象者は4月1日時点の車の使用者となっています。

そのため自動車税を払わない方法は4月1日前までに車を売却して所有者を変更する方法です。

もうひとつは車を廃車(一時抹消)する方法です。業者に依頼すると廃車手続き代行料が必要になりますが、自分で運輸局に行って手続きをすると一時抹消登録手数料350円で済みます。

廃車には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2つがあり永久抹消登録だと車を解体、廃棄してしまうので再登録はできませんが、一時抹消登録であれば、車を再登録して検査を受け税金を支払うとまた車に乗れるようになります。長期出張や車の乗ることがない、どうしても自動車税を支払えないという場合には廃車(一時抹消)しておくと自動車税の支払い義務が生じません。

すでに自動車税を支払っていたら還付される?

すでに自動車税の支払いが終わっている場合にも車を廃車(一時抹消、永久抹消どちらでも)にすると自動車税・自動車重量税は還付されるようになっています。

自動車税還付金は廃車手続き完了日の翌月からの月割り計算となり

自動車税年額-(自動車税年額×4月から抹消登録した月÷12カ月)=還付金

手続きから1カ月~3カ月ほどで還付金通知が送られてきます。

廃車にすると全ての車が自動車税を還付されるわけではなく、軽自動車の場合にはもともとの税金が安いため廃車にしても還付金は受け取れないようになっています。

車を売る場合には自動車税は還付されませんが、車買取専門店などでは自動車税の還付金も考慮して査定をしてくれる業者も多いため買取り価格に自動車税が含まれているのか?車を売るときには確認しておきましょう。

自動車を所有している限りは自動車 税 払わ ない 方法はありません。自動車税を支払わないといけないのにお金がない、そんな時にカードローンなどで借金をしてまで車を維持しておくのは破産につながります。

自動車 税 払わ ない 方法として考えられるとするなら、

自動車税の課税対象者前に車を高く売って、その資金で税金の安い中古の軽自動車を購入する方法です。

この方法なら限りなく自動車税を支払わなくて済みます。

自動車税 分割 コロナの影響

自動車税の分割払いに関するコロナウイルスの影響は、国や地域によって異なります。一部の国や地域では、自動車税の支払い期限を延長したり、分割払いの制度を導入したりして、コロナウイルスの影響を受けたドライバーたちを支援しています。

日本においては、2021年度の自動車税については、分割払いが可能であり、申請期限までに必要な手続きを行えば、2回に分けて支払うことができます。ただし、延滞金などの負担があるため、支払い期限には注意する必要があります。

他の国や地域では、自動車税の支払いに関する制度や規定が異なるため、詳細な情報については、所在地の税務署や自治体のウェブサイトを確認することをおすすめします。

 自動車税 分割 理由

自動車税の分割払いが導入された理由は、一括で支払うことが困難なドライバーに対する支援を目的としています。

一括払いだと、一度に大きな金額を支払う必要があるため、支払いに困難を抱えるドライバーもいるかもしれません。そこで、分割払いを導入することで、支払いの負担を軽減し、支払いを滞らせることなく自動車税を納めることができるようになります。

また、分割払いによって、ドライバーの財政負担を軽減するとともに、自動車税の収納を促進することができます。このため、自動車税の分割払いは、ドライバーと税収増加の双方にメリットがあるとされています。

自動車税 分割 知恵袋

「自動車税の分割払いに関する知恵袋の質問例」です。

Q: 自動車税の分割払いには手数料がかかるのでしょうか?
A: 国や地域によって異なりますが、一般的には分割払いに手数料がかかる場合があります。支払い回数が増えるため、手数料が発生することが多いです。詳細については、所在地の税務署や自治体のウェブサイトを確認することをおすすめします。

Q: 自動車税の分割払いに申し込むにはどうすればいいですか?
A: 国や地域によって異なりますが、一般的には、所在地の税務署や自治体のウェブサイトから分割払いの申請書をダウンロードし、必要事項を記入して提出する必要があります。また、分割払いに関する詳細については、税務署や自治体に問い合わせることをおすすめします。

Q: 自動車税の分割払いは何回まで可能ですか?
A: 国や地域によって異なりますが、一般的には2回までが可能です。ただし、支払い期限に注意して、必ず納税するようにしましょう。また、延滞金などの負担があるため、支払い期限に遅れないようにすることが重要です。

自動車税 分納 納税証明書

自動車税の分納に関して納税証明書が必要となる場合があります。納税証明書は、支払いが済んでいることを証明する公文書であり、車の登録手続きや自動車保険の加入など、さまざまな場面で必要となります。

自動車税の分納に際して、納税証明書が必要となる場合は、分納が完了してから税務署や自治体に申請する必要があります。申請方法については、所在地の税務署や自治体のウェブサイトで確認することができます。

また、自動車税の分納に関しては、支払い期限に遅れないように注意することが重要です。支払い期限に遅れると、延滞金などの負担が発生する可能性があります。支払いに困難を感じた場合は、事前に税務署や自治体に相談することをおすすめします。

自動車税 差し押さえ いつから

自動車税の差し押さえについては、税金滞納等の理由によって行われます。差し押さえの対象となる車両は、滞納している税金に相当する金額以上の価値がある場合に限られます。

差し押さえが行われる時期については、税金の滞納期間や地域によって異なりますが、一般的には、税金の滞納期間が数ヶ月以上続いた場合に行われることがあります。具体的な期間は、自治体によって異なりますので、詳細は所在地の税務署や自治体に確認することをおすすめします。

なお、自動車税の滞納が続いた場合には、差し押さえだけでなく、延滞金の支払いや、車両の抵当権設定、差し押さえ解除手続きなど、様々な負担が発生する可能性があるため、納税期限に遅れないように注意することが大切です。

自動車税 差し押さえ 体験談

私自身は自動車税の差し押さえを経験したことはありませんが、身近な方の体験談を聞いたことがあります。

その方は、自動車税を滞納してしまったことが原因で、車を差し押さえられることになりました。差し押さえられた車両は、支払いが完了するまで回収されず、その間は使用できなくなってしまうため、通勤や生活にも支障が出てしまいました。

その後、滞納した税金を支払い、車両の差し押さえが解除されましたが、解除に必要な手続きや費用もかかり、大変な苦労をしたと話していました。

自動車税の滞納による差し押さえは、避けるべき事態です。納税期限を過ぎた場合は、早めに税務署や自治体に相談し、分割納税や猶予措置の申請など、解決策を探ることをおすすめします。

自動車税 差し押さえ 解除するには

自動車税の差し押さえが解除されるためには、以下の手続きが必要です。

滞納している税金の支払い
差し押さえの原因である滞納している自動車税の支払いが必要です。支払いには、滞納した分の税金に加え、延滞税や手数料が発生する場合があるため、事前に支払い額を確認しておくことが重要です。

差し押さえ解除申請書の提出
支払いが完了したら、所管の税務署や地方自治体に差し押さえ解除申請書を提出する必要があります。申請書には、差し押さえ対象となった車両の情報や、支払い済みの税金額、手続きに必要な書類などが含まれます。

解除決定の確認
申請書の審査が完了したら、解除決定が出されます。解除決定が出た後、解除手続きを行い、差し押さえされた車両を回収することができます。

ただし、差し押さえ解除には手数料が発生する場合があり、支払い額に追加されることがあります。また、差し押さえ解除申請の審査に時間がかかることがあるため、早めに手続きを進めることが重要です。

自動車税 滞納 一年 知恵袋

自動車税の滞納期間が一年を超えると、滞納者には以下のような影響が出る可能性があります。

車両の差し押さえ
自動車税を滞納している場合、車両の差し押さえが行われることがあります。差し押さえられた車両は、支払いが完了するまで回収されず、使用することができません。

納税者情報の公表
滞納期間が一年を超えると、自治体は納税者の情報を公表することができます。公表される情報には、氏名や住所などが含まれます。

催促状の送付
滞納期間が一定期間を超えると、税務署や自治体から催促状が送付されることがあります。催促状には、滞納額の支払い督促や、滞納期間内に支払いをしなかった場合の処分に関する情報が含まれます。

信用情報の影響
自動車税を滞納すると、信用情報に影響が出る可能性があります。過去に自動車税を滞納したことがある場合、その情報は信用情報に残り、ローンやクレジットカードの審査に影響を与える可能性があります。

以上のような影響が出るため、自動車税の滞納は避けるべきです。納税期限を過ぎた場合は、早めに自治体や税務署に相談し、解決策を探ることが重要です。

【車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ】

「ナビクル車査定」

参考:ナビクル車査定
一括査定サービスは低い査定業者と高い査定業者との買取査定額の差を比較することができます。ナビクル車査定は、最大10社から一括査定が受けられ、申込は簡単、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

「60秒ほどで、査定依頼が完了」
「最大10社へ査定依頼可能」
「複数社が競争して、相場が上がりやすい」
「最高の査定額の業者に、売れる」
「相場チェックとしても役立つ」

メールでの連絡を希望したい場合などには、総合窓口があり「ナビクルHP問い合わせ」から連絡すると一括査定を依頼した各業者にナビクルが希望を伝えてくれます。

複数の買取専門店に実際に無料出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に進められます。

できるだけ車を希望価格で売りたいのであれば、おすすめの一括査定サービスです。
数十万円高い査定額がつくことも!
車一括査定サイト ナビクルはコチラ>>https://a-satei.com/satei/navikuru/
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

【中古車を探すならご希望の車をプロに依頼するのがおすすめ】

【ズバット車販売】
お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく、品質のいい中古車をプロに探してもらうのもおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい中古車も見つかります。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!?

中古車はネットや店頭で探していると思いますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、
中古車お探しサービスにリクエストすると、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ、活用してください!
中古車お探しサービスはコチラ>>https://www.kuruma.zbaboon.jp/

ここでしか探せない非公開の中古車もありますので
毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
▼ズバット車販売!無料登録はこちら▼

関連記事

中古車 お買い得 車種 おすすめ3選!失敗しないクルマ選び

車 売る 今が高い時期?コロナと半導体不足で車売りどきの理由!

ページ上部へ戻る