車エンジンかからない ガガガとなる原因と対処法!

車を運転しようとエンジンをかけると「ガガガ」や「カチカチ」という風に音が鳴るだけでエンジンがかからない時があります。急いでいる場合には慌ててしまいますよね。 

この記事では車エンジンかからない ガガガとなる原因となった時の対策を紹介しています。

車エンジンかからない ガガガの原因は?

車のエンジンがガガガといってかからない
ライトは光って、冷暖房も付く、そんな時の原因として考えられるのは
車のエンジンが「ガガガ」と音を立ててかからない場合、それは通常はスターターに問題がある可能性が高いです。

スターターは、エンジンを回転させるために必要な機械部品で、電気システムからの電力を受け取ってエンジンを回転させます。スターターに問題があると、エンジンは回転しません。

また、バッテリーが弱っている場合もスターターが回転しない可能性があります。

バッテリーはスターターに電力を供給するために必要です。

もしバッテリーが弱っていると、スターターに十分な電力が供給されず、エンジンはかからなくなります。

「ガガガ」や「カチカチ」といった異音は、スパークプラグやイグニッションシステムに問題がある可能性が高いです。

また、点火コイルやワイヤー、点火スイッチなどの電気部品にも問題がある可能性があります。

その他にも、燃料ポンプや燃料フィルター、燃料インジェクションシステムなどの燃料関連部品に問題がある可能性もあります。

これらの問題を解決するためには、まずは車の故障診断機を使用して故障を特定し、その後に修理や交換を行う必要があります。

また、定期的なメンテナンスを行って、部品の老朽化や劣化を防ぐことも重要です。

このように車のエンジンの異音を聞き、早めに対処することで車の故障や事故リスクを回避することができます。

車エンジンかからない ガガガとなった時の対処法は?

車のエンジンがかからない場合、ガガガという音がする原因の一つとしてバッテリーが消耗している可能性があります。バッテリーが消耗していると、エンジンをかけるために十分な電力を供給できなくなります。

また、バッテリーの接続が不良な場合も、エンジンがかからない場合があります。その他の原因には、スパークプラグや点火コイルが故障している、燃料ポンプが故障しているなどがあります。

車のエンジンがかからない場合には、まずはバッテリーの電圧を確認します。バッテリーの電圧が正常値以下の場合は、バッテリーを交換する必要があります。

また、バッテリーの接続が不良の場合は、接続を確認して修正します。

その他の原因については、スパークプラグや点火コイル、燃料ポンプなどを確認して、故障している部品を交換する必要があります。

それでもガガガっとなって車エンジンかからない場合には?

もし、上記の方法でも車が動かない場合は、以下のことを確認することが必要です。

・エンジンのオイルレベルを確認し、必要に応じて補充します。
・エンジンのタイミングを確認し、必要に応じて調整します。
・エンジンのコンプレッサーを確認し、問題がある場合は修理します。
・エンジンのセンサーを確認し、問題がある場合は交換します。
・エンジンのECU (電子制御ユニット)を確認し、問題がある場合は交換します。
・エンジンのトランスミッションを確認し、問題がある場合は修理します。
・フューエルシステムを確認し、燃料フィルターや燃料ポンプなどが問題ないことを確認します。
・エンジンのブローオフバルブを確認し、問題がある場合は交換します。
・エンジンのタイミングベルトやドライブベルトを確認し、磨耗や断裂などがないことを確認します。
・エンジンのサスペンションやブレーキシステムを確認し、問題がないことを確認します。
・エンジンのストーブプラグやグローブプラグを確認し、問題がある場合は交換します。

もし、これらの方法でも車が動かない場合は、原因を特定するためには専門の技術者に車を点検してもらう必要があります。
技術者に車を点検してもらう際には、車がどのような状態で動かないか、どのような症状が見られるかなど、車の状態をわかりやすく説明してください。
また車には車検記録があるので、それを持参することで、過去の故障や修理の履歴がわかります。

最後に、車が動かない場合には、車の起動に必要な基本的なチェックを行ってみてください。
-バッテリーの電圧
-燃料タンクの状態
-燃料ポンプの動作
-スパークプラグの状態
-エンジンオイルのレベル
-エンジンのタイミング
-エンジンのコンプレッサー
-エンジンのセンサー

これらの基本チェックをすることで、車が動かない原因が分かるかもしれません。

どうしても動かない場合は廃車にした方がいい?

車がどうしても動かない場合、修理費用が高額になり、維持費が高くなる可能性があります。そのため、それが廃車にする方が経済的にも適切かもしれません。

しかし、廃車にするのにも費用はかかります。廃車処分の方法や地域によって異なりますが、一般的には、廃車処分料金、運搬費、処分手数料などがかかります。

廃車処分料金は、車種や車両の状態によって異なり、数千円から数万円程度の費用がかかります。

運搬費は、廃車処分場までの運搬費用で、運搬距離や車両の大きさによって変わります。

処分手数料は、廃車処分を手配する業者にかかる手数料になります。

廃車にする費用は、上記のような費用がかかるため、事前に詳細を確認し、経済的に適切な方法を選ぶようにしましょう。

そのため、廃車にする前に、まずは車買取業者などに車を売却することも検討するべきです。

車はまだ使用可能な部品がある場合は、買取りもされることもあるからです。

結論として、車がどうしても動かない場合は、修理費用や維持費を考慮して、廃車にするか車買取店に依頼するかを選ぶことが賢明です。

関連記事

プリウス 駆動 用 バッテリー 価格、30系プリウス交換費用は高い?

車欲しい病を患ってしまった場合の解決策!買った方が気持ちは楽!?

ページ上部へ戻る