ユーザ車検のやり方・方法!必要書類と費用の手順まとめ

車検を業者に依頼せずにユーザー自身でおこなうことをユーザー車検といい、全国の運輸局で車検を受けることが可能です。まずは、ユーザー車検を受ける前に運輸支局での検査の流れや、注意点などをまとめているので、確認してみて下さい。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

乗り換えの人必見!一括査定で価格比較!愛車の価格を調べる

ユーザー車検前に自動車を自分でチェック

車検を自分でおこなっても受からなければ意味がないので、車検に受かる状態なのかを確認しておきましょう。

自動車の外観・内装のチェック項目

灯火装置、タイヤ、ガラス、内装、メータ廻り、ワイパー・ウィンドウォッシャー、ホーン、マフラー、ドライブシャフトブーツ、ステアリングラックブーツなどを確認しておきましょう。

ヒビや損傷がないか、正常に機能するのか、不具合がある場合には、修理を行う必要もあります。正直車の知識がない場合には、正しいのかが分かりにくいとは思うのですが、目で見て、実際に動かしてみて異常がないかは、ユーザー車検を受ける前には確認しておきましょう。

ユーザー車検に必要な書類の準備

お店に車検を依頼する場合には、車検証、自動車損害賠償保険証、自動車納税証明書の3つでいいのですが自分で車検を受ける場合には、用意しておく書類の数は多くなります。

ご自分で車検を受ける時に必要な書類

1車検証、2自動車損害賠償保険証、3自動車納税証明書、4自動車検査票、5自動車重量税納付書、6継続検査申請書、7定期点検整備記録簿が必要になります。4~6は当日運輸局でもらえます。定期点検整備記録簿は、法定点検が終わっている場合のみ必要で、車検後に受けるのであれば不要です。

車検検査項目:検査コースの流れ

当日どういった流れで検査がされるのかを理解しておきましょう。

同一性の確認:車検証申請書類の記載内容と車両が同じであるか確認。

最初に行われるのが同一性の確認です。自動車のボンネットを開けて検査員に車検証を含む書類を提出して、車検証の内容と自動車が一致するのかを確認してもらいます。

外廻り検査:自動車の外観に問題がないかの確認。

検査官の指示に従って自動車の前方から、ライトの確認、ナットのゆがみが無いかの確認、をして車の外廻りの検査をしていきます。

サイドスリップ検査:前輪タイヤの横滑り量、真直ぐ走るかの確認。

コース内の検査に移ります。検査コースのラインにタイヤを合わせ、ゆっくりと走行します。この時ハンドルを切ると正確に測定ができませんので、ハンドルは切らず真っ直ぐに前進して下さい。

ブレーキ検査:前輪、後輪、ブレーキの制動力の確認。

ゆっくり前進 前輪停止線で止まるように前方の電光表示機の指示通りにおこないます。ブレーキの検査後に○がでれば合格です。

スピードメータ検査:実際の速度と、速度表示機器に誤差がないかの確認。

電光表示気にスピードメータが40キロを指したら、パッシングをおこない、基準の範囲内であれば合格です。

ヘッドライト検査:ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内かの確認。

前方の左右からヘッドライトテスターが現れるので、ヘッドライトをロービームで点灯させて光量、及び光軸の測定していきます。

排気ガス検査:排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認。

排出ガス検査機器に自動車の排気管を差し込み(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度を検査していきます。

下廻り検査:車の下部の不具合(漏れなどないか)の確認。

検査機器に自動車を乗せ検査が始まると、車が左右に揺れ、電光表示機の指示に従ってブレーキを踏んだりして検査をしていきます。

ユーザー車検はお得?

お店に車検を依頼した場合には、車検料金は、2万円~10万円ほどかかってしまいます。依頼をすれば、全て業者が手続きをしてくれるので、手間を省けるので楽なのですが、自分で車検をした場合には車検料金は1500円~3000円程度で済みます。

とりあえず車検が普通に通りそうなのであれば、自分でユーザー車検を受けた方がお得だと言えますね。修理が必要なのであればお店で車検を依頼した方が手間を考えると良さそうです。

車検の流れがわかれば意外と自分でもできると思うので試してみて下さい。
▼中古車を安く買いたいなら▼
もし、あなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車をなるべく希望価格で売れる方法を考えてください。そして、売った資金で安く買える中古車を選ぶ方が損をしないかもしれませんよ。

【車を売るなら無料一括査定がおすすめ】

「ナビクル車査定」
一括査定サービスは低い査定業者と高い査定業者との買取査定額の差を比較することができます。ナビクル車査定は、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。できるだけ車を希望価格で売りたいのであれば、
>>ナビクル車査定はおすすめのサービスです。
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

【中古車を探すならご希望の車をプロに依頼するのがおすすめ】

【ズバット車販売】
お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく、品質のいい中古車をプロに探してもらうのもおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい中古車も見つかります。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!?

中古車はネットや店頭で探していると思いますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、

中古車お探しサービス>>ズバット車販売を利用することで

中古車お探しサービスにリクエストすると、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ、活用してください!

ここでしか探せない非公開の中古車もありますので、毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
▼ズバット車販売!無料登録はこちら▼

【トヨタの月額定額制プランくるまのサブスクはKINTO(キント)】

KINTO(キント)】
車を買うから(月額定額サブスク)の時代に!
頭金0、任意保険料・メンテナンス費・税金もコミコミの月々定額サービス

・任意保険はどこがいいかわからない

・車検や税金でまとまったお金が必要

・点検やオイル交換、メンテナンスも忘れそう

そんな忙しいあなたに トヨタにお任せできて安心のくるまのサブスク
>>【KINTO】キント
がおすすめです。

\無料見積もり、車種選びはコチラから/

関連記事

車検費用はどれくらい?車検費用を抑えてお得に車を買い替え*

セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」の口コミ評価・特長を徹底分析

ページ上部へ戻る