自動車保険の保険料どう決まる?変わる要素はこれ!

自動車保険の保険料はどのようにして決まるのかをご存知ですか?強制加入の自賠責保険は定額で車の車種などによって決定されますが、任意の自動車保険は、様々な要因によって保険料を決定されています。自動車保険は民間の保険会社が経営しているため、なるべく事故を起こさなそうな人に対しては保険料が安く、逆に事故を起こす可能性が高い人に対しては保険料が高くなるように決定されています。

この保険料の違いはリスクによって異なるという事です。事故ばかり起こされては保険会社も保険金の支払額が多くなってしまい、経営が成り立たなくなってしまいます。そういったリスクを考慮して保険料は決まっているのです。

では、どのような基準で決まっているのか詳しく見ていきましょう。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

高く売りたい人必見!車一括査定で価格比較!愛車の価格を調べる

自動車保険の保険料どう決まる?契約者の年齢

自動車免許は18歳になると取得することができるのですが、免許を取得したばかりの人は基本的には保険料は高くなります。それは、やはりペーパードライバーという事故をするリスクを考えてのことなのですが、保険会社からすると、まだ、信用が足りないという風に判断されているからなのでしょう。年齢を重ねて、無事故・無違反でブルー免許からゴールド免許に切り替わるころには信用が積み重なり、事故をする可能性も低くなっていると判断されると保険料はどんどん安くなるように決定されています。

自動車保険が〇安くなるのは30代から40代の自動車の運転に慣れている人です。年齢を重ねていけばいくほど安くなるというと誤解がありますが、50代、でも保険料は、まだ、安い傾向にあります。しかし70代以降の高齢者になってしまうと、判断が鈍りやすく安全に運転をすることが出来ないと判断され、保険料は高くなってしまうので、自分の年齢に合った自動車保険を選ぶようにしましょう。

自動車保険の保険料どう決まる?車の車種・年式

保険料は、車の車種や年式によっても異なり、乗っている車がどれ位安全なのかで判断されています。基本的にはスポーツカーなどのスピードの出る車は保険料が高く、ファミリーカーや軽自動車は保険料が安い傾向にあるようです。

また、車両保険の場合には、やはり、高級車が補償する金額が高い分保険料は高くなるようです。年式が古くなるほど車体価値が低くなるので同時に保険料も安くなります。

安全性を考えると事故をした時に潰れやすく死亡事故につながりやすい軽自動車が保険料が安く、安全性の高い高級車が保険料が高いのは矛盾しているようにも感じますが、事故をした時の車両補償額を考えると補償額が安い軽よりも補償額の大きい高級車が保険料が高いのはしょうがないですね。

自動車保険の保険料どう決まる?車の利用者と用途

車を運転する人を限定すると保険料は安くなるようです。例えば、本人だけや本人と配偶者、本人と親族や30歳以上の人など利用する人を制限することで、事故を起こすリスクが異なり、保険料も変わってきます。

また、どれくらい車を運転するのかでも保険料が変わり、一般的には仕事で利用する年間の走行距離の高い車ほど保険料が高く、休日の身利用する年間の走行距離の少ない人に対しては保険料が安くなる傾向にあり、どれ位運転するのかが保険料を決定する上で重要になっています。

自動車保険の保険料どう決まる?事故歴

事故のリスクに応じて保険料が決定される自動車保険には「等級制度」といわれる保険料を決定する上での基準があります。最初ほ6から始まり、一度事故を起こすとその等級は減っていきます。等級が減るという事は事故を起こすリスクが高まるという事で同時に保険料が高くなってしまいます。

逆に毎年、無事故を続けていくと事故を起こさないという信用ができ、保険料が安くなるようになっています。

自動車保険の保険料どう決まる?その他の要因

保険料が決定される要因が分かったと思うのですが、上記以外にも、地域などによっても事故を起こす確率が異なるので保険料も地域によって高くなる場合と安くなる場合とがあります。やはり車の交通量が多く人口が多い地域では事故をするリスクが高まるため保険料が高くなるようです。

また、各保険会社がおこなっている割引「エコカー割引、セカンドカー割引、走行距離割引、電子証券割引」などの要因でも保険料がやすくなり、トータル的な保険料金が決定されます。

決定される要因は保険商品ごとに異なるので、なるべく安く保険に加入したいのであれば、複数の保険を比較して見積もりしてみるのが〇の近道です。なるべく保険料金が安く納得できる補償内容の保険を見つけてください。

自動車保険の保険料どう決まる?まとめ

自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますが、一般的には、以下の要素に基づいて決まります。

・車種や車両のカテゴリー:

・使用目的

・ドライバーの年齢や運転歴

・保険期間: 保険期間

・保険内容: 保険内容

・保険料支払い方法

・保険料支払い期間

・保険料支払い額

・乗車者数

・契約する特典やサービス

・車両に搭載されている安全装備やセキュリティー機能

保険料を比較するためには、自分に必要な車両やドライバーの年齢、使用目的、保険期間などを考慮し、複数の保険会社の提示する保険料を比較し、自分に適した保険会社を選ぶことが大切です。

また、保険料は保険会社によって異なるため、保険料が安いからと言って、必要な保険をカバーしていないプランには乗り換えないように気をつける必要があります。保険料が安くても、必要な保険をカバーしていないプランは、事故が発生した場合に費用を負担することになります。

保険料が高いからと言って、必要以上に保険を取っているプランには乗り換えないように気をつけてください。必要以上に保険を取っている場合には、不要な保険料を払っていることになります。

保険料を比較するためには、保険会社の公式サイトやカスタマーサポートに問い合わせしることも重要です。保険料だけでなく、保険内容やサービスなども確認し、選ぶようにようにしてくださいね。

あなたにとって良い車の保険が見つかる!

安い保険が見るかる↓自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

【車を高く売るなら無料一括査定がおすすめ】

「ナビクル車査定」

参考:ナビクル車査定
一括査定サービスは低い査定業者と高い査定業者との買取査定額の差を比較することができます。ナビクル車査定は、最大10社から一括査定が受けられ、申込は簡単、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

「60秒ほどで、査定依頼が完了」
「最大10社へ査定依頼可能」
「複数社が競争して、相場が上がりやすい」
「最高の査定額の業者に、売れる」
「相場チェックとしても役立つ」

メールでの連絡を希望したい場合などには、総合窓口があり「ナビクルHP問い合わせ」から連絡すると一括査定を依頼した各業者にナビクルが希望を伝えてくれます。

複数の買取専門店に実際に無料出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に進められます。

できるだけ車を希望価格で売りたいのであれば、おすすめの一括査定サービスです。
数十万円高い査定額がつくことも!
車一括査定サイト ナビクルはコチラ>>https://a-satei.com/satei/navikuru/
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

「カーセンサー簡単ネット車査定」

参考:カーセンサー.net簡単ネット査定

「カーセンサー」を使うと、評判が良い買取業者複数社に一括査定依頼ができるので、高く売れる可能性が上がります。

メール連絡希望も可能!「カーセンサー任意項目の連絡希望時間帯」に希望を入力して申し込みして下さい。

しかもオークション形式も選択可能でしつこい営業電話もありません。

「電話連絡ではなくメールにしたい」
「なるべく多くの買取店に査定を依頼して比較したい」
「オークション形式で車を売却したい」
「近くの買い取り店が知りたい、売りたい」
「愛車の相場を知りたい」
という方はカーセンサーの車査定を利用してみると良いかもしれません。
要望を記入できる車一括査定サイト
カーセンサーnet査定はコチラhttps://kaitori.carsensor.net/
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

【中古車を探すならご希望の車をプロに依頼するのがおすすめ】

【ズバット車販売】
お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく、品質のいい中古車をプロに探してもらうのもおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい中古車も見つかります。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!?

中古車はネットや店頭で探していると思いますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、
中古車お探しサービスにリクエストすると、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ、活用してください!
中古車お探しサービスはコチラ>https://www.kuruma.zbaboon.jp/

ここでしか探せない非公開の中古車もありますので
毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
▼ズバット車販売!無料登録はこちら▼

関連記事

走行距離 中古車 1万キロ~10万キロ・年式・人気車種 価格を比較!

おすすめの安い高級車中古車!特徴と選び方!

ページ上部へ戻る