車 の 保険 見直し術。任意 保険 車両 保険 安い自動車保険にチェンジ!

自動車保険を更新するタイミングで一度、車 の 保険 見直しをすると現状よりも自動車保険が安くなる可能性が高くなります。年齢や生活習慣、車の車種によって必要な自動車保険は異なります。今回は、今の自分の生活に対して自動車保険の補償内容は適切なのか?などの疑問を解決する車 の 保険 見直し術を解説していきます。保険を見直して、任意 保険 安い自動車保険にのりかえる参考にされてください。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

乗り換えの人必見!一括査定で価格比較!愛車の価格を調べる

自動車 保険 見直しタイミングと保険料を安くする方法

自動車保険を見直すポイントとしては、自賠責保険、代理店型とダイレクト型保険、条件の変更、補償の変更、車両保険、割引の活用となっています。

まずは自動車保険を見直すタイミング時期はいつがいいのか?解説していきます。

自動車 保険 見直しはタイミングが大切

自動車保険は満期がきてから見直せばいいと思っている方もいるかもしれませんが、自動車保険見直しのタイミングは満期前です。タイミングがずれてしまうと等級の引き継ぎ、保険の解約返戻金ができない可能性があります。

解約返戻金は保険料は前もって一括で支払っている保険料が途中解約によって戻ってくるお金です。

また、自動車保険満期後に他の保険に乗り換えてしまうと保険に加入していない時期が出来てしまうため、万が一事故を起こした場合には補償されません。かといって一方の自動車保険解約前に他の保険に加入してしまうと重複してしまい、保険料を余分に支払う期間ができてしまうので、解約する日と次の契約をすます日はタイミングを合わせましょう。

そして、知っておかないと損をしてしまうのが等級を引き継げるのが7日以内ということです。次の保険会社に加入するのが遅くなってしまうと無事故無違反で等級が高かったとしてもリセットされてしまうため、保険料は高くなってしまうので注意してください。

では、続いて保険料を安くする自動車保険見直し方法を解説していきます。

自賠責保険は長期契約がおすすめ

自賠責保険に関してはどこの保険会社で契約したとしても保険料は変わりません。自賠責保険は契約期間が長くなるほど安くなります。自賠責保険は1年、2年、3年など契約期間を決めて一括で支払うため、期間が短いほど安く、期間が長くなるほど支払う額は高くなりますが、1年更新で3年間、保険料を支払うのと猟奇契約の3年間でまとめて支払うのとでは車種によっては5000円程、長期契約した方が安くなる計算になります。長く乗る予定なのであれば自賠責保険は長期契約がおすすめです。

代理店型からダイレクト型保険に、一括見積もりを利用する

自動車保険の任意保険は代理店型とダイレクト型(通販型)で保険料は異なります。代理店の方は店舗の担当者と対面で相談をして手続きも代行してくれるため保険料は高いです。

ダイレクト型はインターネットや電話を介して、保険会社と直接契約するため、自分で保険を選ぶ必要がありますが、ダイレクト型保険は割引されるため保険料は安くなります。

特に他社の自動車保険からのりかえる場合には自動車保険乗り換え割引が適用される場合もあるためお得になります。

ダイレクト型自動車保険の特徴として24時間インターネットから見積もりを依頼できるので、保険料に納得できたらそのまま加入手続きができるので便利です。

また、一社だけに見積もりを依頼するよりも複数の保険会社から見積もりをとって比較したほうが〇安い自動車保険が見つけやすいのでおすすめです。その時には、一度の入力で複数の自動車保険の見積もりを調べられる無料の一括見積もりサービスを利用してみてください。
自動車保険一括見積もり

条件の変更

運転者年齢条件、運転者年齢条件を変更すると保険料は安く抑えられます。

運転者年齢条件は全年齢にしてしまうと事故のリスクが高くなってしまうため保険料は高くなってしまいます。35歳以上などの年齢条件をつけておくと事故リスクが軽減されるためその分保険料は安くなります。

運転者年齢条件は運転者が限定されていた方が事故のリスクが軽減されるため保険料は安くなります。本人限定や家族限定などになりますが、運転者を限定しているのに知人が運転して事故を起こしてしまった場合には補償が適用されないため必要な条件で契約しておきましょう。

補償の変更

人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険の補償を見直すと保険料は安くなります。

人身傷害補償保険は事故に相当する保険金を過失に関係なく受け取ることができる保険です。

搭乗者傷害保険は入院日数やケガの症状などによって予め決められた額が支払われる保険です。

この2つの補償は両方加入していると安心ですが保険料は高くなります。重複している点もあるため必要な補償なのか見直すと保険料は安くなるので慎重に検討してみてください。

車両保険を安くするには

車両保険は自動車保険の保険料に大きく影響します。自動車保険の見直しでは年式の古くなった車は車両保険を外すという選択肢もあります。その方が自動車保険は格段に安くなります。

自動車 保険 古い車 車両 保険 必要?

車両保険は一般型(ワイドカバー)=(自損事故・当て逃げも補償)と限定型(エコノミー)=自損事故・当て逃げ補償対象外があり、補償範囲は狭いですが必要に応じて限定型にした方が保険料は安くなります。

車両保険を安くする方法としては車両保険の免責金額の見直しです。修理費用の自己負担である免責金額を高く設定すると保険料は安くなります。

割引を活用する

新規契約割引、インターネット割引、新車割引、エコカー割引、新車割引、セカンドカー割引、ゴールド免許割引、早期契約割引、証券不発行割引など自動車保険を見直して他の保険にのりかえると様々な割引が適用されます。保険会社によっておトクな割引はことなります。

まずは自動車保険一括見積もりサービスを活用して保険を比較しましょう。

あなたにとって〇良い車の保険が見つかる!

〇安い保険が見るかる↓自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

以上、車 の 保険 見直し術。任意 保険 車両 保険 安い自動車保険にチェンジ!…という話題でした。

参考リンク:

安い自動車保険に加入したい…という方は下記記事も参考に。

〇安い自動車保険を見つけるポイントについて解説しています。

〇安い自動車保険!保険料が安くなる比較ポイント!
▼中古車を安く買いたいなら▼
もし、あなたが中古車をお得に買いたいのであれば、今乗っている車をなるべく希望価格で売れる方法を考えてください。そして、売った資金で安く買える中古車を選ぶ方が損をしないかもしれませんよ。

【車を売るなら無料一括査定がおすすめ】

「ナビクル車査定」
一括査定サービスは低い査定業者と高い査定業者との買取査定額の差を比較することができます。ナビクル車査定は、最大10社から一括査定が受けられ、申込は1分、申し込み後直ぐに愛車の概算価格がわかるので安心です。

複数の買取専門店に実際に出張査定に来てもらう事で、価格競争が起きやすく、査定額アップの交渉を有利に勧められます。できるだけ車を希望価格で売りたいのであれば、
>>ナビクル車査定はおすすめのサービスです。
愛車を高く売る無料申し込みはこちら

【中古車を探すならご希望の車をプロに依頼するのがおすすめ】

【ズバット車販売】
お得に中古車を買う方法は中古車販売店やディーラーではなく、品質のいい中古車をプロに探してもらうのもおすすめです。中古車選びを間違わなければ、車検付き、一括で買える品質のいい中古車も見つかります。

あなたが見てる中古車情報 実は3割だけしか見れてない!?

中古車はネットや店頭で探していると思いますが、実はこれ、全体の3割だけなんです。
残りの7割は業者しか見ることはできなかったのですが、

中古車お探しサービス>>ズバット車販売を利用することで

中古車お探しサービスにリクエストすると、中古車のプロがあなたに合ったとっておきの1台を探し出してくれます。

無料のサービスなので中古車を探している方はぜひ、活用してください!

ここでしか探せない非公開の中古車もありますので、毎日更新されるクルマの情報を逃さないようにしましょう!
▼ズバット車販売!無料登録はこちら▼

【トヨタの月額定額制プランくるまのサブスクはKINTO(キント)】

KINTO(キント)】
車を買うから(月額定額サブスク)の時代に!
頭金0、任意保険料・メンテナンス費・税金もコミコミの月々定額サービス

・任意保険はどこがいいかわからない

・車検や税金でまとまったお金が必要

・点検やオイル交換、メンテナンスも忘れそう

そんな忙しいあなたに トヨタにお任せできて安心のくるまのサブスク
>>【KINTO】キント
がおすすめです。

\無料見積もり、車種選びはコチラから/

関連記事

新古 車 メリット デメリット!未使用車のお得な探し方も解説。

車 一括 査定 デメリットをメリットに回避する方法!

ページ上部へ戻る